安部宏・器展-5-新着の茶碗
展示会後半に向けて新たな展開。展示品が少なくなると、別の趣の品が登場します。今回は、ちょっと覚悟のいる札のついたものもあります。それもお楽しみ。技法も様々。15日まで。

f0202518_18313864.jpg

f0202518_18315060.jpg

青磁の浮き模様の皿:宋の古陶器の技法によります。型に土を押し付けて模様を浮き上がらせます。

f0202518_13243809.jpg



f0202518_13244221.jpg
中の兎は白の釉薬を削り出して地の黒い模様を出します。
三島手の茶碗:安部流の三島手は「ゼンマイの反発力」という隠れ技。
f0202518_13244000.jpg
ゼンマイの足跡を指で感じながら頂くお茶は数珠の手触りに似て。日々の休息の一瞬。
f0202518_18314482.jpg
白と茶の大振りの碗

[PR]
# by trmt-ken | 2018-11-07 18:37 | コンサート・催し | Comments(0)