カテゴリ:建築( 97 )
大社庁舎(ちょうのや)を残したい
本日3月11日の山陰中央新報に大社庁舎(菊竹清訓)の建て替え検討の記事が掲載された。
「島根の宝」を取り壊すのかと衝撃を受けた。
f0202518_11333994.jpg

最初に島根に旅したのは35年ほど前になる。歴史的建造物の保存や歴史をフランスで学んで帰国したばかりで、「歴史的環境に新しいものを創る」ということの大切さを叩き込まれてきたのだが、日本の地方においてこのような仕事がすでに達成されていることに仰天した。風土を感じ、起源に降りていく洞察力があれば、特別な歴史教育など必要ないのかもしれないと思った。フランスの先生や仲間に自慢したいと思った。

その時の旅行で隠岐・山陰・山陽と縦断し、稲はでの形状変化に見入った。農という、信仰の基礎となるものを主題に据え、また敬意を払うべき主殿に対する構えなど、これ以上の回答は考えつかない。 何らかの保存の手立てはとれないだろうか。大社の遷宮のように、長い歴史の中でよみがえらせてほしい
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-03-11 11:36 | 建築 | Comments(0)
『雪国の木造寄宿舎』-島根景観賞に決まりました-
本年度の島根景観賞に『雪国の木造寄宿舎』-飯南高校寄宿舎が選ばれました。関係者の皆さまの、いいものを作りたいという熱意が実ったと本当にうれしく思っております。ありがとうございました。
f0202518_1651298.jpg
第23回:飯南高校寄宿舎月根尾寮(飯石郡飯南町)-校舎からの俯瞰
f0202518_1113272.jpg
-雁木デッキ-雪国仕様の多目的スペース
f0202518_18314768.jpg

思いがけないブログの読者を発見して、喜んでみたり、気を引き締めたりもしています。舎室のベッド(H1.4m)は、自宅のベッドを参考に設計しました。部屋の中でも一息プライベート感が強く、私は本を積み上げて、眠くなるまでの至福の時間を過ごします。
f0202518_18321845.jpg


この機会に今までの景観賞受賞作を整理してみました。(以下の写真はすべて古川誠さん)
f0202518_11132563.jpg
第15回:蔵々 『大手前通りの並び蔵』

f0202518_11134423.jpg
第14回:松江市営住宅荻田団地(宍道町)『中庭を囲む公営住宅』


f0202518_1114178.jpg
第13回:荒神谷博物館 『史跡に建つ国宝展示館』


f0202518_1114275.jpg
第12回:仁摩町生涯学習センター・仁摩図書館 『木造架構の図書館』


f0202518_11145148.jpg
第4回:金屋子神話民俗館 (広瀬町) 『傾斜地に建つ展示館』


f0202518_11151159.jpg
第3回:高橋邸『丘の上のコンクリートブロック住宅


f0202518_11153069.jpg
第1回:海遊園鶴丸 『海辺のレストラン』
なお古川誠さんの写真展が12日(土)より、平田本陣記念館にて開催とのことです。
その他の受賞
第1回島根建築文化賞:仁摩図書館
第5回公共建築賞:平田図書館・学習館
第1回米子市都市景観施設賞:善五郎蔵
平成19年度島根建築・住宅コンクール:ボートピア松江
平成23年度島根建築・住宅コンクール:五箇小学校木造校舎耐震改修
[PR]
by trmt-ken | 2015-12-08 11:22 | 建築 | Comments(0)
煉瓦の質感【半田赤レンガ建物】
定期的に名古屋に通っています。休憩時に周辺の建物を見学しました。
f0202518_16184819.jpg
遠景
半田赤レンガ建物は明治31年カブトビールの製造工場として愛知県半田市に誕生。ドイツゲルマニア機械製作所の基本設計、妻木頼黄による実施設計。煉瓦造一部木造ハーフティンバー。産業遺産に認定、現在修復されて、展示室・カフェ―・クラブハウス(貸ホール)として利用されている。
f0202518_16105333.jpg
壁:修復あと、欠けた角、はびこる植物をものともしない頑とした素材の力。
f0202518_1611765.jpg
一部ハーフティンバー部分もある。煉瓦は古いものも新しいものも。
f0202518_1611225.jpg
内部:工場の持っている活きの良さ。西洋建築技術と近代産業が同時に導入され、工事現場の苦心がみえるような臨場感があります。銀行や教会とはまた違う、働く空間の荒削りな魅力。なお妻木頼黄は横浜正金銀行や横浜埠頭煉瓦倉庫などが知られています。
f0202518_16114648.jpg

(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2015-10-23 16:20 | 建築 | Comments(0)
同じ風呂の水を使う仲間に「こんにちは」
このところ住宅などの立合い検査が続きます。竣工検査・半年検査・1年検査・2年検査など。年月が経つにつれ、緑が豊かに濃くなってきて空間に落ち着きが出てきます。
f0202518_18211978.jpg
米子のクリニックでは、前田造園さんによる植栽が少しずつ増えているほか、患者さんからの寄贈もあるようで、話題の糸口にもなっているとのこと。
f0202518_18225886.jpg
我が家の浴室育ちのアイビーもひっそり仲間に入って育っていました。お久しぶり。庇の下だけど、ちゃんと水を撒いて頂いているようで、すくすく育っていました。
f0202518_18214691.jpg
さてアイビー栽培は年季が入ってきました。濃色細口のガラス瓶に差して置くと、様子が分かって失敗が少ない。それで、ニキビ防止用の若者向き化粧水を年齢も考えずに購入しています。動機不純。…そのせいかどうかは不明なれど、ニキビの悩みはあまりない。
f0202518_1822109.jpg
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-08-18 18:24 | 建築 | Comments(0)
【南無阿弥陀仏】-お寺の改修-
f0202518_19141154.jpg
遠方の古いお寺(築200年)の改修の相談がありました。迷子になりそうな部屋数で、泊まった部屋にも南無阿弥陀仏、別の部屋にも南無阿弥陀仏。
f0202518_19125833.jpg
一日うろうろしていると20回も南無阿弥陀仏。様々な書体で。写経をしたことがあって、般若心経の次に金剛般若経。「ガンジス川の砂の数よりも多く」・・という言葉が、繰り返し繰り返し波のように寄せてくる。音楽のような、あるいは文学のような。
f0202518_19133143.jpg

雲と龍にちなむ寺にて、本堂や門廻りには無数の龍と雲が彫り込まれています。翼のある龍、キリンも。
f0202518_1914428.jpg
愛犬も龍一という立派な名前を持っていました。
f0202518_1915127.jpg

檀家さんの要望は、「死ぬ前に完成してほしい」、住職さんもしかり、私共にとっても、「心のこもった葬祭場で見送られたい」という日頃の願いを達成すべく頑張ります。コンサートも開ける庫裏にという音楽好きのご住職です。
f0202518_19153170.jpg

壊れた地蔵堂の板絵。
f0202518_19154695.jpg
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-07-14 19:21 | 建築 | Comments(0)
役者と演出家のように【住宅のできるまで】
引渡しが終わると、どのような物を置かれるのか、どのように生活されるのかは施主にまかされる。幕が上がれば役者の世界、設計者は手も足も出ない演出家のようになる。
f0202518_20273335.jpg

写真150年経った栗の大黒柱で製作した棚。サイズも色も長時間打合せしてできあがった家具にどんぴしゃりの壺が置かれると、「やった!」と大いに盛り上がる。家が新しくなると、隠れていた調度品がお出ましになることが多い。古いものが、前とは違う顔をしてすましていることもある。
f0202518_203135100.jpg
玄関ホール:先週はオレンジ、今週は萌葱色。
f0202518_2028105.jpg
奥様手作りのお菓子や料理を頂戴することたびたび。手作り野菜および陶器に、年期の入った調理で、我が家の食卓とは文明度の違いがあった。殊に、半解凍の夏にいただく干し柿は絶品でした。瓶や漬物壺の並ぶ食品庫を後ろに控えたオープンキッチンです。天井が高いため、食堂と連続した照明計画としています。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-05-16 20:37 | 建築 | Comments(0)
皮工房hibiがオープンしました
松江市八雲町の皮工房hibi がオープンしました。
f0202518_10312924.jpg
しいのみシアターのふもと、川沿いの民家を改修して工房+住宅としました。
f0202518_10315845.jpg
f0202518_1032458.jpg
つむちゃんとバッグ
f0202518_10335717.jpg
黒のバッグ:私めのどの服にも合いそうな
f0202518_10343784.jpg
米子のミントチュチュさん同様、人懐っこい猫が、自分を撮ってと顔をだします。手前は和室の改修部分。奥は増築部分。ものつくりの方なので、あちこちを自力で工事されました。家つくりの苦労話などお尋ねください。もちろん皮製品もじっくりご覧ください。
f0202518_1143419.jpg


なおMint chu chu Leather 川口淳平商店にて開催中の【生活の中の建物1 家について】の展示会は5月10日まで会期を延長しております。米子へもどうぞお出かけください。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-05-05 10:35 | 建築 | Comments(0)
大屋根の家【生活の中の建物1 家について】
Mint chu chu Leather 川口淳平商店にて、【生活の中の建物1 家について】4月28日まで。
f0202518_19594551.jpg
ご紹介の最後になりますが3タイプのモデルのその1は大屋根の家です。:大社の家
f0202518_2002180.jpg
大きな屋根に守られた、「家」の原型をなす形だと思います。木架構を現わした大きな居間を中心に天井の低い部分や、2階書斎・個室が寄り添う構成。
f0202518_201977.jpg
西新宿の家:松江に引っ越す前、渋谷に事務所を持っていた頃設計した住宅。
f0202518_2014251.jpg
前面に緑地などがあれば一番造りたい家です。
f0202518_2021470.jpg
菅田庵下の家
f0202518_2032561.jpg
川口さんの司会によるお話会(4月19日)
お出かけいただいた皆様、ありがとうございました。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-04-25 20:12 | 建築 | Comments(0)
【300年共に生きる家】
東津田の明治初期に建った住宅の再構成です。
150年前の既存建物の改修も検討しましたが、様々な事情から復元的再建となりました。切妻の母屋に下屋を廻す外観は従前と変わらず、内部空間を再構成しました。
f0202518_15342852.jpg
大黒柱をはじめ、縁桁や床板、式台、建具、欄間などできるだけ再利用しています。今まで150年、今後の150年を見据えています。座敷は以前の雰囲気のまま。
f0202518_15355723.jpg
栗の大黒柱は加工して、仏壇脇の棚にしました。
f0202518_1538755.jpg
従前は3列の奥行で中央部分が暗かったため、今回は少し桁行方向を縮め、また天窓を採用しました。
f0202518_15363515.jpg
座敷以外の日常生活部分は、天井の構造を現わし開放的な造りとしています。
f0202518_15373910.jpg
f0202518_15421856.jpg
家族の次の150年を託す家です。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-04-23 15:43 | 建築 | Comments(0)
【生活の中の建物1 家について】中庭タイプ
川口淳平商店における展示【ご案内】
Mint chu chu Leather 川口淳平商店にて、【生活の中の建物1 家について】4月28日まで開催中。
19日には多くのお客様にお出かけ頂きありがとうございました。
f0202518_20492932.jpg
今回敷地形状に応じて3タイプのモデルを設計しましたが、そのうち展示タイプ2は中庭型住宅です。
中庭型の住宅は実は世界中で古い歴史をもちます。古代エジプト・ペルシャ・ギリシャ・ローマ・イスラムから中国・韓国など。日本の伝統的家屋でも、坪庭や光庭としてみられ、通風・採光の機能のほか、ほっとする緑のスペースとなってきました。
f0202518_20512438.jpg

現代でも、特に住宅などが密集する敷地に有効な住宅形式だと考えます。木造の場合、木製テラスなどで段差をなくせば、室内の延長としてより使いやすくなります。
f0202518_20523093.jpg
米子のメンタルクリニックでは患者さんの居心地を特に重視しました。人との視線や、話し声が気にならないように、ゆったりしたところや、ひっそりしたところを設け、明るすぎないようにしています。診察室も含め、中庭だけでなく各所に光庭を配置。
f0202518_20531357.jpg
中庭・光庭とも植栽は「庭の林の森の」前田・小林夫妻。
外壁側は開口部を制限できるため、守られた雰囲気となります。
f0202518_20533711.jpg

今回の提案はロの字タイプですが、コの字タイプや二の字タイプも可能です。清光院下のギャラリー(二の字)、外中原の自宅(コの字)も中庭型です。
f0202518_20545951.jpg
どちらも室内以上に活躍しています。樹木は成長しますので、庭は建築当時よりも年々よくなっていきます。
(礼)

展覧会「生活の中の建物1 家について」
  • 会期:2015年4月2日~28日 毎週水曜は定休日のため休みです。
  • 時間:13:00~19:00

[PR]
by trmt-ken | 2015-04-20 20:58 | 建築 | Comments(0)