カテゴリ:建築( 100 )
オープンハウスのご案内-「スタッフの家つくり」-
スタッフの家つくり( その1)が終盤を迎えました。階段手摺で議論沸騰。外構と特注テーブルでうんうんうなり、1か月ほど予定がずれ込みました。私共が言うのもなんですが、さっそうとしたいい家です。
小さいけれど、大きい家。特に若い方にぜひ見て頂きたい家です。土地の探し方、お金の借り方、夫婦間の意見のまとめ方など、微妙な質問もどうぞ遠慮なく。
小さなお子様も大歓迎です。
f0202518_11335056.jpg
なお、スタッフの家つくり(その2・八雲町)は現在設計途上です。こちらもお楽しみに。

「上乃木片流れの家」オープンハウス予定
6月24日(土)・25日(日)
所在地:松江市上乃木
連絡先:寺本建築都市研究所 0852-26-1196
開催時間・駐車場など詳しくは追ってお知らせします。


[PR]
by trmt-ken | 2017-06-13 11:46 | 建築 | Comments(0)
いしだ心のクリニック
f0202518_10134273.jpg
「いしだ心のクリニック」が米子市都市景観施設賞を頂くことになりました。2013年夏に竣工、3年半が経ちました。
f0202518_18545682.jpg
薬局側立面
建築にとって本質的な、しかし通常はあまり表だって語られない「人と人の距離」が大切なテーマでした。視線や音をさり気なく制御すること・・・守られ、安心できる場所をつくること。
f0202518_11053708.jpg
玄関光庭
本当はどこでも必要なことなのだと思います。住宅でも、仕事場でも・・・。事務的に処理するための空間でなく、 自分を肯定し、深く考えることができる場を作りたいと願いました。木架構の森の中に光庭と前室を持つ診察室が潜んでいます。
f0202518_18545907.jpg
待合室:白雲木のある中庭
f0202518_10135165.jpg
待合室

f0202518_18545377.jpg

院長先生にも隠れ部屋が必要です

[PR]
by trmt-ken | 2017-03-19 18:22 | 建築 | Comments(0)
オープンハウスの駐車場について【ご案内】
f0202518_10284933.jpg
明日の住宅オープンハウス(東津田の住宅)について、いろいろお問合せを頂いています。駐車スペースを心配しておりましたが、北側の2軒目の駐車場をお借りすることができました。ご来場をお待ちしております。なお、引き渡し前の住宅ですので、トイレなどは使用できません。
f0202518_10153512.jpg
3月18日(土)10:00より16:00です。松江市東津田613-3
お問合せは寺本建築都市研究所 0852-26-1196(当日は転送にて現地で対応します)

[PR]
by trmt-ken | 2017-03-17 10:30 | 建築 | Comments(0)
オープンハウスのご案内
f0202518_22001786.jpg

東津田の住宅が竣工します。施主施工の珪藻土塗りや床塗装も上々の仕上がりです。ご厚意により、オープンハウスを開催する運びとなりました。3月18日(土)10:00から16:00まで。お待ちしております。
東津田の愛育保育園の50m先を左折したところです。駐車スペースは数台は可能ですので、ご確認ください。(連絡先0852-26-1196 寺本建築都市研究所)

f0202518_18400808.jpg
f0202518_12410826.jpg

八雲たつ居間
昨年米子のミント・チュチュレザーにて模型を展示した住宅の1つです。

[PR]
by trmt-ken | 2017-03-14 15:09 | 建築 | Comments(0)
「つーぼ」に春が来た
f0202518_20454240.jpg
本日開店の子供の本の店「つーぼ」
f0202518_20453423.jpg
花でいっぱい。春がきた。
f0202518_20453649.jpg
町内会さんからもお祝い。店中春のかおりです。

open:10:30~18:00(不定休)
〒692-0011島根県安来市安来町1706
tel/fax 0854-22-0078

[PR]
by trmt-ken | 2017-03-13 20:52 | 建築 | Comments(0)
子供の本の店「つーぼ」開店します
手作りで準備が進められていた子供の本のお店【つーぼ】が3月13日(月)開店します。
合銀安来支店記念門の前にある、古民家を改修しました。

open:10:30~18:00(不定休)
〒692-0011島根県安来市安来町1706
tel/fax 0854-22-0078
f0202518_12104668.jpg

展示準備中のところをお邪魔しました。旧暦のひな祭りを待つ小さな雛人形も、多数飾られています。
f0202518_12104136.jpg

f0202518_12210778.jpg

川口総監督による塗装チェック。安来のほっと一息つける「懐かしい場所」になりますように。


[PR]
by trmt-ken | 2017-03-12 16:48 | 建築 | Comments(0)
東津田の家もうすぐ完成します
手も暇もかけた家もうすぐ完成
f0202518_15083642.jpg
じっくり熟成した家。本日は施主による珪藻土塗り、来週は床塗り、再来週3月18日はオープンハウスを目指します。コンパクトな空間に愛情をこめて。

f0202518_15083521.jpg
棟上げ時には虹の祝福がありました。
f0202518_15082965.jpg


[PR]
by trmt-ken | 2017-03-04 15:14 | 建築 | Comments(0)
柿渋塗り実習
安来の民家改修-間もなく開店します-
f0202518_20352371.jpg

塗りはじめ・・まだまだまだら
f0202518_18205710.jpg
外が大分仕上がりました。後は中の珪藻土塗りです
寒空に、柿渋塗りの労働奉仕。みんなでやるとなぜかほっこり。いつもは監督及び差配に専念する森のくまさんも、 珍しく川口監督の指導のもと黙々と働く。安全な材料なのではみ出しても雑巾で拭き取ればOK。柿渋に墨を入れたり、玄関には弁柄を混ぜたり。珪藻土塗りにも挑戦。まもなく開店です。安来の合銀記念門の前 子供のための本屋さん。


[PR]
by trmt-ken | 2017-02-09 16:28 | 建築 | Comments(0)
不純物 の効用
「みち」が道路になると失われるものがある。「かわ」が河川になっても。

地下道の設計をしたときに、立ち止まらないことを前提に考える、滞留しないように人を流すことを考えるということに驚いた。学校も留年する生徒を前提にはしていない(私は随分長いこといたが)。病院もしかり。

f0202518_17234278.jpg
トレドの街路
プールにある種の違和感があるとすれば、せっせと泳がないと人の迷惑になるということ。後ろの人がつっかえてしまう。逆に海でせっせと泳ぐことはない。無駄があること、不純物が混じっていることの意味を忘れたくない。

f0202518_17234517.jpg
グラナダの街路
ストラディバリの材料に含まれる不純物に美音を熟成させる種があるとか。管楽器にも類話を聞いた。かなうものならそういう不純物になりたいものだ。世の中のためになることは拒否、無駄な美しさを支えるという高貴な役回り。どうだ!

f0202518_17234866.jpg
グラナダカテドラル前のパフォーマンス
懐かしい道路、懐かしい河川というのは日本語としてなにかおかしい。カウントできる存在になったとき、気持ちを寄せることのできるなにかを手放す。ふるさとは山や川や道や田や野や虫や鳥や魚…みんな人間の思う通りには動いてくれない。決して家来ではない。
( 礼)


[PR]
by trmt-ken | 2017-02-05 17:28 | 建築 | Comments(0)
海へ向かって―江津市役所―
吉阪隆正の江津市役所を訪ねる。
f0202518_14005311.jpg
竣工式の日。みんな海に向かって。
f0202518_12594599.jpg

玄関風除室には市章が隠れている。本来は表からも見えたが、現在は市憲章の看板にふさがれている。裏から見ると青いガラス煉瓦積。帰り際に、人はきっと海のようなステンドグラスを見たであろう。
f0202518_12595418.jpg

ガラス小口を見せるステンドグラスの例:厚みの違いが青の濃さ。(構作舎による)
サンブノワ・シュールロワールの修道院工房では、ブロックガラスをコンクリートに打ち込んで、洗いだす手法でステンドグラスを製作していた。ガラスという物質そのものを愛でて。
f0202518_13000158.jpg

ゴロンとした木製手すりは、2本が出会う箇所がことに魅力的。やあやあとあいさつを交わす。長めに製作して現場で端部を切り落とす。角度と丸みがついて、生き物になる。
当初の写真を見ると、ブリッジやテラスにつく外部手すりも皆内側にカーブしている。軽い構造でもう一度領域を作る。これも復元したい詳細。触覚も体の一部。乾燥ナメクジ(自称)に触覚があるかどうかは不明なれど。
f0202518_13000736.jpg
海に向かって、くらい空に虹が2重に架かっていた。海に向かうのは、機能以前に人が海に向かいたいからだと思う。でんでんむし(回り階段)より日本海を見る。朝9時。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-20 13:16 | 建築 | Comments(0)