カテゴリ:折々に・・・( 145 )
ヴィシースープの作り方

先月の川口淳平さんの会でヴィシースープ(ヴィシソワーズ)をお出ししたところ、何件か問合せがありましたので、作り方をお知らせします。

材料(6人分)

  • じゃがいも   …450g
  • たまねぎ    …150g
  • バター     …50g
  • 牛乳      …400cc
  • 生クリーム   …180cc
  • 出汁      …800cc
  • 塩、胡椒、パセリ…少々
手順
  1. じゃがいも、たまねぎは薄切りにします。厚手の鍋にバターを溶かし、たまねぎを色付けずにしんなりするまで炒めじゃがいもを加えてさっと炒めます。
  2. だし汁を加えて塩コショウで味つけし、やわらかくなるまで灰汁を取りながらコトコト煮込みます。
  3. 2.を裏ごしします。これに牛乳と生クリームを加えて、味を調え、十分に冷やします。
  4. 浮き身にパセリのみじん切りを浮かべます。

以上です。裏ごしにひと手間かかるだけで、シンプルな料理です。計ってみると、バターと生クリームの量がかなりあり、カロリーは高そうです。一方、ワインなどの前に一口頂いていると悪酔いすることがありません。我が家では離乳食、介護食としても活躍した夏の定番です。お試しください。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2010-07-09 18:10 | 折々に・・・ | Comments(0)
矢のように飛んでくる言葉について

今朝(2010年3月18日)の朝日新聞に際立って美しく、心に届く文章を読みました。「人の価値が下がる時代-張り付く薄い寂しさ」。筆者は宮地尚子さん、精神科医で一橋大教授とのことです。

剝しても剝しても張り付いてくる薄い寂しさのようなものを、私たちは今抱えている気がする。人の価値が下がっている……「頑張れば報われる」ことを疑い、よい人であることをやめたとき、薄い寂しさが襲う……
と続く文章は近年の世相を言い当てています。

物や空間を作る仕事をしている私どもも、宮路さんの文章のように「心に届くこと」を大切にしたいと思っています。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2010-03-18 21:10 | 折々に・・・ | Comments(0)
夏の日差しのなかで
夏の盛りに、ブルゴーニュ地方のパレルモニアルを訪ねた時を思い出しています。
f0202518_23474116.jpg

汽車を降りると遠くにオークルの石の塊が見えます。門を入ると、夏の日差しから一転して広がるしんとした人工の杜。目がなれるにつれ、積み上げられた石のざわめきが聞こえてきます。地方の小さな町で昼下がりは開いている店もなく、いつも教会堂でスケッチして過ごしました。動くことを忘れたような時間。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2009-07-23 23:55 | 折々に・・・ | Comments(0)
初夏の朝
初夏の朝、ロールスクリーンに欅の木漏れ日が映ります。
f0202518_18211059.jpg

2年連続で、中庭の同じ枝にヒヨドリが巣をかけました。巣立ちの日は特別です。ひながツタからずりずり落ちてきて、親は威嚇でビービー鳴き、雛は網戸に爪を引っ掛けこうもり状態で羽ばたきの練習をし、そして巣立ち、しんと静かになります。だんだん、鳴き声で鳥の気持ちが分かるような気がしてきました。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2009-06-22 18:30 | 折々に・・・ | Comments(0)
ブログを開設しました。
f0202518_1532940.jpg

事務所の窓からの風景
今日はとてもよい天気です。
[PR]
by trmt-ken | 2009-04-02 15:00 | 折々に・・・ | Comments(0)