カテゴリ:ひびきあうもの( 52 )
「ひびきあうもの」展Vol.9-Intimacy-について【予告】
f0202518_16002638.jpg
今年のひびきあうもの展Vol.9-Intimacy-は9月23日(日)より30日(日)の8日間です。
2010年にはじまり、回を重ねて9回目になりました。今回は秋の開催。みんなが楽しみにしている展示会です。
f0202518_16001143.jpg
清光院下のギャラリーにおける展示会
2018.11 安部宏展(予定)
2018.09 ひびきあうもの vol.9「Intimacy」(予定)
2018.04 後藤華「小さな世界」展
2017.05 松江藩籐細工 長崎家の仕事展
2016.11 ひびきあうもの vol.8
2015.06 ひびきあうもの vol.7
2014.10 KodamArt
2014.09 BADAWI〜街ではないトコロに暮らす人々〜
2014.09「Kamiari」
2014.06 ジャパングラフ森善之写真展
2014.05 7つのタカラバコ展
2014.04 ひびきあうもの vol.6 「素と塑」
2013.05 ひびきあうもの vol.5「Market」
2013.04 アン・ブルーニ「m e t a m o r p h o s i s」展
2013.03 シマネプロダクト
2012.10 ひびきあうもの vol.4「家について」
2012.04 ひびきあうもの vol.3「地域を食する」
2011.11 Atelier sept なないろ
2011.04 ひびきあうもの vol.2森をさがす」
2010.04 ひびきあうもの vol.1「ホグラン」展
f0202518_17221308.jpg

[PR]
by trmt-ken | 2018-07-30 17:14 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-9 ご案内最終回
f0202518_21032842.jpg

変容する蝋燭:墨色(中尾淳子)

いつにも増して考えることの多かった展示会。ものつくりの方たちの仕事を通じて、私ども建築の分野へも様々なヒントがひそんでいた。抽象論でなく、切実で、血の通った思考をしたいと思うこの頃。
f0202518_21033807.jpg

作家さんのエールの交換

作品の質というより、わが身にとって切実な切り口に焦点を当てたご紹介で、全体への目配りが不足していた点はご容赦願います。終わるのが惜しい気もしますが、また来年。息長くつづきますように。
f0202518_21035078.jpg

会場の賑わいを見ながら、2階テラスを藤棚にしたいなとか、もうちいと黒でない服も作ろうかなとか、前向きな意欲もわいてきました。参加いただいた皆様、ご来場の皆さま、また主催の高橋香苗さんに感謝します。
f0202518_20371549.jpg
(礼)
ひびきあうもの展は明日までです。
11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-12-03 21:12 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-8 技術は素材のなかに
f0202518_20374614.jpg
Matièreの中に納まったTechnique---MとTの組み合わせ文字
f0202518_20365079.jpg
確かな素材は内に向かう。余計なものはいらなくなる。
f0202518_20365772.jpg
白いドレス(岡本英利哉・高橋香苗)グレーの仕事着
f0202518_20370493.jpg
確かで、静かなものに向かって。
「驚愕」やら、「美しすぎ」やら不要に煽られる言葉が氾濫する日常。加速度がないと感動しなくなり、あおり煽られ、人はどこへ行くのだろう。POC A POC。すこしずつ。一歩一歩。
f0202518_20364270.jpg
まぶしすぎると微妙な差が見えない。

ひびきあうもの展はあと3日(土)4日(日)の2日間になりました。
11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-12-02 20:49 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-7 12月になったら
f0202518_19443233.jpg
12月に入ると温まりたくなる。
f0202518_19420252.jpg
いつの間にか枯れ木に、飾りがついた。いろんな人が、知らん顔して手を加えていく不思議。
f0202518_19414911.jpg

別室では、オールドアラビアの食器。(poc a poc:井上久美子:ARABIA・ルスカシリーズ)
f0202518_19415579.jpg

木のオブジェ(松本 樸):火のともらない蝋燭。音の出ないピアノ。動かないミシン。
f0202518_19164843.jpg

仁摩図書館では、画面の出ない木のパソコンが案内板として置いてある。(チョークで手書きする)…あえて「できない」、「ない」。わがとこにはそういった類のものがどっさりあるが。洗濯をしない洗濯機とか。
f0202518_19191482.jpg

夜にこっそり華やぐ。

11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-12-01 19:20 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-6 手の痕跡
以前は削り取っていた手の痕跡。自然なものは残してもいいと決断に至る。「消す」と「残す」のあわい。
ろくろのあと、道具のあと、らせんの最後の跡。壺(森脇靖)
f0202518_20255511.jpg

書にも道具の痕跡や、呼吸や力の跡が残る。残そうとすると妙なことになる。しかしどうしても残るものこそ。
f0202518_14320386.jpg

デザインという、横文字の跡形もない境地。織ることそのもののような裂き織。建築においてもこういう空間を目指したいと願う・・・もう目指すことさえ忘れてしまって。
裂き織(樋野由紀子)
f0202518_19475781.jpg
霜月終わりの日影は淡く、消えたり現われたり。
f0202518_19481554.jpg
11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-11-30 20:32 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-5-淳平さんとこの猫-
勝手連による 命名第2号、『寅』。手間 ひまかかるため、ようやっと展示会当日に到着しました。(川口淳平)
f0202518_14334973.jpg
隠岐旅行にご一緒したときも、手提げに籐を携えて。夜中に起きたら、エビの怪物のようなものが洗面ボウルにいて、ぎょっとした。籐を水に浸してあって、一人夜なべ仕事に精を出しておられた。それでも量産できるわけもなく、今回は「寅」さん一つの出品。

f0202518_14562401.jpg
命名の栄誉を担った第一号は『吾輩』。川口淳平さんとこの猫はみなえらそーで、栄養がよさそーで、人を怖れない。そういうところで育った箱入り猫の面々です。


f0202518_14335732.jpg

「ひびきあうもの」展には様々な動物がひそむ。こちらは迫力ある虎柄の皿。戦闘的食欲の晩に。(舩木伸児)


f0202518_16065583.jpg

陽だまりには幸せの青い鳥。(岡本美那子)
(礼)

11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-29 19:17 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-4 展示のご案内-続-
f0202518_19104676.jpg

究極の格子。象嵌による四角の窓で隣りあわせはみな違う色。 刻み込まれた時間と根気。ここに至るとおかしみが漂う。誰にも強いられず、望まれてもいない、根気というあまのじゃく。(吾郷屋)


f0202518_19105447.jpg
いつも新しい発見がある。枯れていく時間、息をする時間が結び合った草の冠。


f0202518_19110131.jpg
そして白い和紙の冠。なぜか切ない。しめ縄や紙垂につながる祈りににて。

f0202518_14295504.jpg
か細い白いキャンドルが、明かりをともしながら変容する。変わっていくこと、滅していくことの美しさと哀惜。(中尾淳子)
f0202518_19110839.jpg


11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-11-28 19:23 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-3 格子の効果-ひびきあうもの展はじまりました
格子がひびきあうとき
f0202518_20443796.jpg
チェック・オン・チェック(マット:樋野由紀子、クロス:堀江和子)

f0202518_20444586.jpg
ライン・オン・チェック(皿:舩木伸児)

f0202518_20445376.jpg
チェックの皿:盛り付けに遊び心

f0202518_20451686.jpg
そして華やぎの皿:舩木伸児

会期:11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
会場:清光院下のギャラリー(松江市外中原町216-5)

山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子



[PR]
by trmt-ken | 2016-11-27 21:05 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-2 先行ご紹介
f0202518_16333097.jpg
白木の本立。あれどこか(江津の演壇)でも見たような。


f0202518_22251114.jpg

いつもなんだろうと頭をひねるのが、吾郷屋さんの作品。さいころのようで、何か秘密が隠れていそうで、始まる前に壊してはならぬ。ご本人に聞こう。面白いものを発見した赤ちゃんにもどるここち。

f0202518_16331442.jpg
整列したスプーンと皿。藤原将史。
f0202518_16330148.jpg
人も並んで準備中。
見上げれば草のリース。いい匂いに包まれる静かな午後。「ひびきあうもの」は明日からです。
f0202518_16332243.jpg

11月27日(日)10:00~11:30堀井和子さんによるトークイベント
        13:00~18:00 open
11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open

山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-26 16:48 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの】8-1-会場準備が進んでいます
27日(日)からの「ひびきあうもの展」準備中のところをお邪魔してご紹介します。
f0202518_16263511.jpg
今年は晩秋の開催です。もみじも散ったなと思っていたら、ヤドリギのような飾りつけ。松本裕子さんの魔法。
f0202518_16262104.jpg
f0202518_16264339.jpg
格子柄の布(堀井和子さん)の上では、素朴な器が違う表情を見せます。樋野由紀子さんの織物は、冬に向かって暖かい素材。冬もいいなあ。
f0202518_16262885.jpg
森脇靖さんの器は黄色が仲間入り。一輪挿しの兵隊さん。
f0202518_16261394.jpg

彫刻のような、ろうそくのような壺。 名もなき草が、アートに変わる舞台。12月4日までです。

11月27日(日)10:00~11:30堀井和子さんによるトークイベント
        13:00~18:00 open
11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open

山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


清光院下ギャラリーにおける展示会


[PR]
by trmt-ken | 2016-11-25 16:45 | ひびきあうもの | Comments(0)