カテゴリ:建築カフェ( 27 )
【ご案内】第9回建築カフェ
2011年最初の建築カフェのご案内です。話し手の森脇君は、島根大学総合理工学部 材料プロセス工学科 建築学教室を昨年卒業しました。現在は、NPO法人 まつえ・まちづくり塾で研修中です。在学中のこと、これからのことなど「建築への想い」について話してもらう予定です。

第9回建築カフェ

  • 日時:2011年2月13日(日)17:00〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 話し手:森脇 大登 氏
  • 参加費:無料(持ち込み大歓迎)
参考プロジェクト
  • 島根大学 コミュニケーションセンター
    f0202518_15542542.jpg
  • 大型空地活用〜まちなか居住〜
    f0202518_15543816.jpg
(和)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2011-01-21 12:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第7回建築カフェ(8月28日)
2010年8月末に7回目の建築カフェを開催します。
  • テーマ:隠岐の島の古民家・木造校舎などと現代建築
  • アジェンダ:
    • 隠岐の島の古民家調査・木造校舎の報告
    • 着手したばかりの仕事について
    • 現在進行中の仕事について
  • 日時:2010年8月28日(土)19:30〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 参加費:無料(飲み物・食べ物の持ち込み歓迎)

まず、手掛かりとして、隠岐の島の古民家調査・木造校舎の報告をします。続いて、設計に着手したばかりの仕事について、

  • 新大橋商店街アーケード
  • ミントチュチュレザー・川口淳平商店(鳥取県米子市)
  • 五箇小学校の耐震改修工事(隠岐の島町)

そして、現在進行中の仕事についての設計方針などを話題にしたいと考えています。
  • 木造校舎の耐震改修監理(隠岐の島町、来年3月竣工予定)
    …さてどんな建築になるか
  • 江戸期の古民家の増改築の監理(今秋竣工予定)
    …楽しい
  • 江戸期の庄屋の家の解体撤去計画
    …悲しい。
    延命策を検討しています。応援してください!アイデア募集中!
  • 木造住宅新築の設計
    …楽しい。
  • 商店街のアーケードの撤去・新設の設計及び
    それを契機として松江市のまちづくり構想の策定
    …格闘中。甲子園(兵庫県西宮市)のような今帰仁村公民館(なきじんそん・沖縄県)のような、ツタの絡まったアーケードを検討中です。
  • 中心商店街の共同建て替え・商店街活性化計画(岡山県津山市)
    …さてどうなるか。
  • 旧職人町の保全と活用計画(松江市)
    …乞うご期待。
  • 幼保一体施設の監理補助(松江市)
    …うーん。
  • 市立公民館の基本設計・実施設計(松江市)
    …これからです。



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-07-12 10:20 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第6回建築カフェ(6月26日)
今週土曜日にミントチュチュレザーの川口 淳平さんをお招きして建築カフェを開催します。
  • テーマ:鞄と建築・まちづくり
  • 講師:川口 淳平さん(ミントチュチュレザー 川口淳平商店)
  • 日時:2010年6月26日(土)19:30〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 参加費:500円(飲食費)

島根大学・建築学教室の皆さんへ
川口さんの「鞄と建築・まちづくり」は、建築の学生にとっても興味深い話になると思います。鞄と建築は、

  • 内部空間を持っている。
  • 内部と外部の境界が「姿」を作っている。
  • クライアント(お客さん)の要望を聞きながら、クライアントにふさわしいものをつくる。
…などいくつもの共通点があります。また、モノのデザインという視点だけでなく、
  • 商店街の活性化・まちづくり活動。
  • 古いとか新しいとかいうこと。
などに対するスタンスついても、「鞄と建築」は、何か同じ価値観があるようです。川口さんは建築の知識がたくさんあります。コルビュジェについてよく知っているのには驚きました。(後になって聞いたのですが、川口さんのお兄さんは、建築の構造設計の事務所に勤務しているそうですし、奥さんの実家は、建設会社を経営しているそうです。)2・3・4回生、大学院生などたくさんの学生に聞いてほしいと思っています。

一般の方へ
川口淳平さんには一昨年の秋、米子ではじめて出会いましたので約1年半の付き合いになりますが、ずっと前からの友人のような気がしています。……ずいぶん年齢の離れた友人です。そのころ淳平さんはいろいろ新しい展開を模索していました。中心商店街のアドバイザーで全国各地を飛び回っている友人から「今度米子へ行くことになったので、久しぶりに会いたい」という連絡があって米子へ行ったのがきっかけです。お店のこと、商店街のこと、鞄づくりやものづくりのこと、まちづくりや建築のこと……いろいろなことを話しました。それらはすべて同じ価値観で語ることができる!のはとても楽しいことと思いました。
DOOR BOOKSTOREの高橋香苗さんと以前からの知り合いというのも驚きでした。ひびきあうもの―ホグラン展の企画・実行委員会のメンバーであり、淳平さんのことをご存じの方も多いと思います。

淳平さんの引き出しのなかにしまってある、楽しい話がたくさん聞ける…と期待しています。建築カフェでは、今回だけでなく何度もいろんなことを話してもらいたいと考えています。
ミントチュチュレザー 川口淳平商店のウェブサイトはこちら
米子市のお店の様子を何点か掲載します。
f0202518_13444430.jpg
f0202518_13445665.jpg
(和)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-05-29 18:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第5回建築カフェ ―島根大学建築学教室の集い

島大建築学教室(総合理工学部材料プロセス工学科)の講評会および集いを開催します。

  • 2回生設計課題「私の居場所」講評会
    • 日時:2010年5月27日(木)12:45〜17:00
    • 会場:島根大学総合理工学部6階製図室
    なるべく多くの方(特に卒業生)に参加頂きたいと思っています。

  • 打上げと交流会(第5回建築カフェ)
    • 日時:2010年5月27日(木)18:00〜
    • 会場:清光院下のギャラリー
    • 参加者:学生(2回生を中心に3・4回生、大学院生、安高研究室など)、 卒業生
    • 参加費:500円(飲食費)
    建築に興味をお持ちの一般市民の方々など多数の参加をお願いします。
  • (和)


清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-05-23 10:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご報告】第4回建築カフェ
今回は「住宅」がテーマでした。
f0202518_12224267.jpg


清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-03-16 03:40 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】内覧会と第4回建築カフェ

松江市菅田町の「菅田庵下の家」が完成しました。去る12月6日、多くの学生さんの参加を得て賑やかに「餅投げ」を行った家です。クライアントのご厚意により、内覧会を予定しています。

「菅田庵下の家」内覧会
  • 日時:2010年3月20日(土)
  • 時間:14:00〜17:00
f0202518_103915.jpg

また、第4回「建築カフェ」(「建築・まちづくりの集い」改め「建築カフェ」と呼ぶようにしました。)を下記の日程で開催します。

第4回建築カフェ住宅に興味のある方々、設計事務所に頼むと高い!?と疑問をお持ちの方、住宅自慢をしたい方など多くのかたの参加をお待ちしております。
(和)


清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-03-04 14:30 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご報告】第3回建築カフェ(2月20日開催)
「安高先生のヨーロッパ旅行から」というテーマの第3回建築カフェは、建築ばかりでなく食べ物情報もたくさんありました。今回は、講師が島根大学の先生ということもあり、学生さんが大勢参加しました。
f0202518_9415267.jpg
次回の第4回建築カフェは3月13日(土)の開催を予定しています。テーマは「住宅建築や住宅の設計について」と考えています。テーマのご希望などありましたらお知らせください。

清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-02-25 10:00 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第3回建築カフェ

2月20日(土)夜7時から「建築・まちづくりの集い」を開きます。
今回は安高先生(島根大学)のヨーロッパ旅行報告を予定しています。第3回建築カフェ

  • 日時:2010年2月20日(土)19:00より
  • 会場:清光院下のギャラリー(旧・寺本建築・都市研究所社屋)
  • 住所:島根県松江市外中原町198-1
  • 参加費:飲食代として500円(飲み物などの持ち込み歓迎)
  • アジェンダ:
    1. 本日の趣旨
    2. 安高先生のお話
      • 「建築家と旅」について
      • ヨーロッパ旅行の映像と説明
      • 九州にいた学生の頃のこと
      • 就職して東京にいたころ
      • 松江、島根で取り組んでみたいこと…など
    3. 参加者の発言(質問、意見、自己紹介など)
    4. その他
安高先生は日本建築史の研究者ですが、若いころ(?)現代建築の設計事務所に勤務していたというユニークな経歴の持ち主です。松江をはじめ島根県各地で、研究・活動の対象となる「面白いもの・面白い事はないか…」と探しているとのことです。古いもの・新しいものを問わず、建築や工藝、まちづくりやものづくりについて、議論が弾む集いになれば…と思っています。

ル・コルビュジェ

f0202518_20213544.jpg
©Tim Brown Architecture

アントニオ・ガウディ

f0202518_20215413.jpg
©Librarygroover

3月以降は、建築に限らず実際にモノを製作している人(家具屋さん、かばん屋さん、左官さん…)からも話が聞きたいと考えています。

(和)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-01-29 14:40 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご報告】第2回建築カフェ

DOOR BOOKSTORE(高橋邸、以下DOOR)を第2回建築カフェ(1月9日開催)の話題として選んだのは、訪れた多くの方が「ここは居心地が良い」と思っていらっしゃるらしい…ということでした。

  • 香苗さんの人柄やものごし、話題など
  • 置いてある本の種類やデザイン
  • 家具や置物などの雰囲気
  • 展示、イベントの様子
などが主な理由のようですが、高台の行き止まりという立地や囲まれた中庭、コンクリートブロックという素材など「建築の構成」とも関連させ、空間の居心地について様々な角度から話題にしてみると面白いんじゃないかと思いました。

f0202518_18114979.jpg

また、寺本が島根県建築士会の会報に連載している「現代建築の現在」でも最近のテーマとして「居心地」を取り上げていましたのでちょうど良い!……ということになりました。

  • 自分の身を隠しながら、獲物をさがし敵を監視することのできる場所が動物の棲息適地の条件であり、動物は本能的に見つけることが出来る。また、そのような場所を人間は居心地が良いと感じる。
  • 棲息適地を遠くから眺めた時、人間は美しい風景と感じる。
という居心地と風景・景観を同じ視点で語るとても面白い説(棲息適地論)を紹介するチャンスと考えたのでした。DOORは、恰好の題材と思いました…。

次回は、2月中旬を予定しています。「昨年の安高先生のヨーロッパ旅行から」を手がかりに…と検討しています。

(和)


清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-01-15 20:40 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第2回建築カフェ(続報)

「上乃木高台の高橋邸」は、約15年前に竣工したコンクリートブロックの建物です。高橋香苗さん主宰の本屋「DOOR」として知られています。明後日開催のイベントでは、高橋邸について様々な視点からの話が発展すれば…と考えています。

by trmt-ken | 2010-01-07 16:50 | 建築カフェ | Comments(0)