カテゴリ:建築カフェ( 24 )
「住処・棲家の自然」について
この度、「住処・棲家の自然」という冊子が出来ました。寺本・有光の共著です。
f0202518_20304581.jpg
シュトラスブールの中空階段

ご縁のあった方に、 ご迷惑かと心配しつつお送りしております。「現代建築は街を良くしただろうか?」という疑問から出発し、自問しながら仕事をして来た軌跡です。

読んでいただきたい方はほかにもおられますが、役所に押し売りに行くわけにもいかず、ご遠慮申し上げております。ちょっとながめてみようかと思われる方は、ご一報願います。(送付先をお知らせください。)
f0202518_20304973.jpg
螺旋階段のコア部分:シュトラスブールにて

なお、4月20日(金)19:00よりDOORさんにて、建築カフェ(Vol.13)を開きます。フランスでの古建築修業を中心に、有光がお話する予定です。冊子も持参します。もの創り・建築のほか様々な分野の方の参加をお待ちしております。
f0202518_20310424.jpg
鐘楼に至るミニマム階段(パリ:ノートルダム)

f0202518_18383683.jpg
柱の造形:モワサック:預言者ジェレミー

[PR]
by trmt-ken | 2018-04-16 20:39 | 建築カフェ | Comments(0)
建築カフェ-折々のこと-@DOOR 【ご案内】
4月20日(金)19:00~20:00 Doorさんの場所をお借りして、建築カフェVol.13を開きます。
f0202518_18382674.jpg
ルピュイの回廊にて
f0202518_18383083.jpg
ロマネスクの鉄扉-ルピュイ-

今回は有光の話ということで、留学中の古建築のこと、白井晟一先生の許での文字のことなどを主にお話したいと考えております。人前で話しをするのは苦手なもので、なるべく映像を多く準備する予定です。

お茶の用意があるようですので、少人数でほっこりとした時間を過ごせれば嬉しいです。特にご要望の話題があれば事前にご連絡願います。なお、最近寺本と共著の冊子が出来ましたので、持参します。
f0202518_18383272.jpg
スワッソンの大聖堂・内陣

[PR]
by trmt-ken | 2018-04-10 17:03 | 建築カフェ | Comments(0)
「 建築カフェ」のご案内
DOOR さんにて建築カフェを開きます
f0202518_09130758.jpg
日時:5月17日(水)14:00~16:00
場所:DOOR( 上乃木)
テーマ:すみか(住処,棲家)の自然

「自然に手を加えすみかを作る」という建築の長い歴史から見ると、現代はどういう時代なのか....?
について語りあう集まりです。
ものつくり一般について考えることと関連性があるのではないか・・・と思い企画しました。
DOOR さんでの会は3回目になります。皆さまの参加をお待ちしています。


[PR]
by trmt-ken | 2017-05-10 09:25 | 建築カフェ | Comments(0)
伊丹祐介さんの送別会
f0202518_1292624.jpg
この秋に岐阜に帰郷することになった伊丹さん、ギャラリーでの送別会に若い人が大勢集ってくださいました。お忙しい中皆様ありがとうございます。
f0202518_1235339.jpg

女性陣に包囲されていつもとは勝手の違う様子の伊丹さん。早めにできあがってます。
f0202518_1241949.jpg
中庭では男性陣がさんま焼きに奮闘中。画面が煙っているのはさんまのせいです。設計事務所の仕事は儲からないし、夜遅くまで大変だし、なかなか先が見えない時代だけれど、若い方達の笑顔を見るとほっとします。故郷でのご活躍を祈ってみんなで乾杯。
f0202518_172540100.jpg

伊丹さんの後任を募集中です。電話やメールなどでご連絡ください。お会いして相談したいと思います。

㈱寺本建築・都市研究所(担当越野)
松江市外中原町216-5
TEL:0852-26-1196
trmt-ken@mable.ne.jp
[PR]
by trmt-ken | 2015-09-29 12:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご報告】第11回建築カフェ
3月25日(日)の建築カフェ「白井晟一に学んだこと」には建築を志す若い方達に参加頂き有難うございました。

f0202518_1126652.jpg
善照寺

f0202518_11262542.jpg
親和銀行1・2期

f0202518_11264295.jpg
ホール梁の文字習作

f0202518_11273251.jpg
3期棟エントランス車止の文字習作

f0202518_1127049.jpg
本のプレス文字

f0202518_112801.jpg
般若心経の習作ノート

昔のノートを紐解いてみますと先生の書き込みが多数あり、文字や書中心のご紹介となりました。もう少し建築の話しも出来たらよかったかなと反省もしています。

(礼)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2012-04-04 15:30 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第11回建築カフェ―白井晟一に学んだこと
第11回建築カフェのご案内
  • 日時:2012年3月25日(日)16:00より
  • 会場:清光下のギャラリー
  • テーマ:白井晟一に学んだこと
  • 講師:有光 礼子
  • メール:trmt-ken@mable.ne.jp
    参加ご希望の方は、上記のメールアドレス宛にご連絡頂けると喜びます。
f0202518_16583174.jpg
「輝いて見えるものすべてが黄金だと思うな」オビディウス
親和銀行コンピューター棟入口上部

白井晟一先生の下で文字三昧の日々を過ごしたことは、誠に大きな体験でした。雑念もなく1日1枚に集中していたときのノートをひっくり返してみますと、ところどころ先生の書き込みがあったり、はかり知れぬものを頂いた気がします。白井先生は近寄りがたい謎のような存在にされている向きもありますが、私共に対しては具体的で率直でした。どのような課題を出し、どのように指導されたかなど、書を通して感じたことを出来る限り言葉にしてみようと思っています。

(礼)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2012-03-12 19:30 | 建築カフェ | Comments(0)
第9回建築カフェの趣旨
2月13日(日)17時からの第9回建築カフェ(森脇カフェ)では、「森脇君のこと」を手がかりに<
  1. この地方で建築やまちづくりを学び・実践すること
  2. 島根大学材料プロセス工学科建築学教室の課題
  3. 松江市中心市街地の課題
などについて、広く議論したいと思っています。
下図は、松江市中心市街地についての数年前の企画書です。今回、森脇君達と寺本とでもう一歩踏み込んでみました。そのことについても話題にしたいと思っています。
f0202518_937560.jpg
f0202518_9421812.jpg
(和)


清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2011-01-28 13:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第9回建築カフェ
2011年最初の建築カフェのご案内です。話し手の森脇君は、島根大学総合理工学部 材料プロセス工学科 建築学教室を昨年卒業しました。現在は、NPO法人 まつえ・まちづくり塾で研修中です。在学中のこと、これからのことなど「建築への想い」について話してもらう予定です。

第9回建築カフェ

  • 日時:2011年2月13日(日)17:00〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 話し手:森脇 大登 氏
  • 参加費:無料(持ち込み大歓迎)
参考プロジェクト
  • 島根大学 コミュニケーションセンター
    f0202518_15542542.jpg
  • 大型空地活用〜まちなか居住〜
    f0202518_15543816.jpg
(和)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2011-01-21 12:10 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第7回建築カフェ(8月28日)
2010年8月末に7回目の建築カフェを開催します。
  • テーマ:隠岐の島の古民家・木造校舎などと現代建築
  • アジェンダ:
    • 隠岐の島の古民家調査・木造校舎の報告
    • 着手したばかりの仕事について
    • 現在進行中の仕事について
  • 日時:2010年8月28日(土)19:30〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 参加費:無料(飲み物・食べ物の持ち込み歓迎)

まず、手掛かりとして、隠岐の島の古民家調査・木造校舎の報告をします。続いて、設計に着手したばかりの仕事について、

  • 新大橋商店街アーケード
  • ミントチュチュレザー・川口淳平商店(鳥取県米子市)
  • 五箇小学校の耐震改修工事(隠岐の島町)

そして、現在進行中の仕事についての設計方針などを話題にしたいと考えています。
  • 木造校舎の耐震改修監理(隠岐の島町、来年3月竣工予定)
    …さてどんな建築になるか
  • 江戸期の古民家の増改築の監理(今秋竣工予定)
    …楽しい
  • 江戸期の庄屋の家の解体撤去計画
    …悲しい。
    延命策を検討しています。応援してください!アイデア募集中!
  • 木造住宅新築の設計
    …楽しい。
  • 商店街のアーケードの撤去・新設の設計及び
    それを契機として松江市のまちづくり構想の策定
    …格闘中。甲子園(兵庫県西宮市)のような今帰仁村公民館(なきじんそん・沖縄県)のような、ツタの絡まったアーケードを検討中です。
  • 中心商店街の共同建て替え・商店街活性化計画(岡山県津山市)
    …さてどうなるか。
  • 旧職人町の保全と活用計画(松江市)
    …乞うご期待。
  • 幼保一体施設の監理補助(松江市)
    …うーん。
  • 市立公民館の基本設計・実施設計(松江市)
    …これからです。



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-07-12 10:20 | 建築カフェ | Comments(0)
【ご案内】第6回建築カフェ(6月26日)
今週土曜日にミントチュチュレザーの川口 淳平さんをお招きして建築カフェを開催します。
  • テーマ:鞄と建築・まちづくり
  • 講師:川口 淳平さん(ミントチュチュレザー 川口淳平商店)
  • 日時:2010年6月26日(土)19:30〜
  • 会場:清光院下のギャラリー
  • 参加費:500円(飲食費)

島根大学・建築学教室の皆さんへ
川口さんの「鞄と建築・まちづくり」は、建築の学生にとっても興味深い話になると思います。鞄と建築は、

  • 内部空間を持っている。
  • 内部と外部の境界が「姿」を作っている。
  • クライアント(お客さん)の要望を聞きながら、クライアントにふさわしいものをつくる。
…などいくつもの共通点があります。また、モノのデザインという視点だけでなく、
  • 商店街の活性化・まちづくり活動。
  • 古いとか新しいとかいうこと。
などに対するスタンスついても、「鞄と建築」は、何か同じ価値観があるようです。川口さんは建築の知識がたくさんあります。コルビュジェについてよく知っているのには驚きました。(後になって聞いたのですが、川口さんのお兄さんは、建築の構造設計の事務所に勤務しているそうですし、奥さんの実家は、建設会社を経営しているそうです。)2・3・4回生、大学院生などたくさんの学生に聞いてほしいと思っています。

一般の方へ
川口淳平さんには一昨年の秋、米子ではじめて出会いましたので約1年半の付き合いになりますが、ずっと前からの友人のような気がしています。……ずいぶん年齢の離れた友人です。そのころ淳平さんはいろいろ新しい展開を模索していました。中心商店街のアドバイザーで全国各地を飛び回っている友人から「今度米子へ行くことになったので、久しぶりに会いたい」という連絡があって米子へ行ったのがきっかけです。お店のこと、商店街のこと、鞄づくりやものづくりのこと、まちづくりや建築のこと……いろいろなことを話しました。それらはすべて同じ価値観で語ることができる!のはとても楽しいことと思いました。
DOOR BOOKSTOREの高橋香苗さんと以前からの知り合いというのも驚きでした。ひびきあうもの―ホグラン展の企画・実行委員会のメンバーであり、淳平さんのことをご存じの方も多いと思います。

淳平さんの引き出しのなかにしまってある、楽しい話がたくさん聞ける…と期待しています。建築カフェでは、今回だけでなく何度もいろんなことを話してもらいたいと考えています。
ミントチュチュレザー 川口淳平商店のウェブサイトはこちら
米子市のお店の様子を何点か掲載します。
f0202518_13444430.jpg
f0202518_13445665.jpg
(和)



清光院下のギャラリーにおける建築・まちづくりの集い
[PR]
by trmt-ken | 2010-05-29 18:10 | 建築カフェ | Comments(0)