コンクリートブロックの現場より
米子にて、コンクリートブロックの住宅現場が進行中。ことさら暑い夏に台風続きの中、一段一段積み上げられています。防火サッシが入るため特殊形状のブロックを九州より運びました。工程表はいつまでも、いつまでも、ブロック積のみ。それでも毎週の工程会議では、材料や色やおさまりなど延々と議論が続きます。議論を楽しんでいる…現場です。
f0202518_21065193.jpg
門扉制作の石川さんが現れると、レクチャーがはじまる。錆を育てる話、わだちや靴やが鉄の表面を創る話…結構荒っぽい過程が、面白い効果も生む。厚味があって初めて錆に味わいがでるとか。奥の深い話に触発されて、鉄にはこれからどのように活躍してもらおうか。これからは鉄板が敷かれていても、必ずしも工事現場ではないですよ。
f0202518_21125906.jpg

[PR]
by trmt-ken | 2018-10-05 17:24 | 建築 | Comments(0)
<< 安部宏・器展【ご案内】 Ulises Conti Ja... >>