水谷浩章ライブ@清光院下のギャラリー【ご案内】
水谷浩章:水無月山陰ツアーのご案内

会場:清光院下ギャラリー(松江市外中原町市198-1)
日時:6月25日(月)open19:00/start19:30
出演:三成(サックス・フルート)、歌島昌智(ピアノ)、水谷浩章(ベース)
料金:2500円( 当日3000円)
問合わせ:dig.yonago@gmail.com(三成)
f0202518_20375939.jpg



f0202518_20380261.jpg
*25日清光院下ギャラリー会場ではPilviさんのドリンク・フードサービスがあります。
f0202518_20504723.jpg
f0202518_20504266.jpg
【清光院下のギャラリーにおけるコンサート】
2018.09.21/アイルランド音楽の夕べ(予定)
2018.06.25/水谷浩章ライブ(予定)三成(サックス、フルート)+歌島昌智(ピアノ)+水谷浩章(ベース)
2017.12.16/アイルランド伝統音楽クリスマスライブ
2017.11.18/ピアノとチェロのコンサート(Nagisaチェロ+Satsukiピアノ)
2017.09.02/ 重松壮一郎ピアノライブ
2017.03.11/ 永田壮一郎ピアノライブ
2016.11.25/ 重松壮一郎ピアノライブ
2016.10.01/『朔夜の庭 JAZZライブ』林正樹+akikoライブ
2016.04.17/『そうだ 島根、行こう。』 (しょうが女子会)
2016.03.31/『アイリッシュハープ春愁』(村上淳志・木村林太郎)山陰日本アイルランド協会
2016.01.16/ 郁文の種vol.6マヒトゥ・ザ・ピーポー・浜田真理子
2015.12.05 / 『ブラームスの夕べ』(朝枝信彦・脇岡洋平)
2015.11.14 / Rayons with Predawn 'The World Left Behind' Release Tour」
2015.10.25 / 「爽秋の調べ」『ピアノ・ソプラノ・バリトンのトリオコンサート』(嘉戸絵理香・堀内友貴・錦織美香)
2015.01.23 / 「トウヤマタケオ『飛ばない日』松江公演」
2014.11.01 / 「演劇『1年目の火曜日』・影山さゆりライブ」
2014.10.12 / 「mama!milk ライブ」
2014.07.26 / 「コトリンゴ『コトリの巣めぐりツアー2014松江公演』
2014.06.08 / 「アレッシーズ・アーク初来日ツアー」:Jimanica、Alessi's Ark杉瀬陽子
2014.06.07 / 「中島ノブユキ・ピアノライブ」(中島ノブユキ)
2013.11.04 / 「高野寛ライブ」(高野寛)
2013.04.27 / 「コンサートクモコクド」(ル・トン・ミテ、ダルガリーズ、村上ゴンゾ、川手直人)
2013.04.24 / 「蔡忠浩ライブ」(蔡忠浩)
2013.03.30 / 「大友良英『音の学校 音楽の学校』演奏付き講座」(大友良英)
2013.02.17 / 「トーンアフタートーン・リリースツアーextra」(宮内優里)
2012.11.10 / 「ひびきあうものライブ」(清水弘貴+ビューティフルハミングバード+行川さをり)
2012.09.22 / 「Noite do equinócio〜秋分の夕べ 松江編」(mama!milk)
2012.08.24 / 「ギターライブコンサート」(清水弘貴)
2012.04.30 / 「ピアノとバイオリンコンサート」(まい&れいれい)
2012.02.18 / 「Release Tour 窓辺から」Tony chanty
2011.10.29 / 「Duologue for 'Nude'」(mama!milk)
2010.10.23 / 「Arias con tromba」(絹川千尋+山崎啓史+城綾乃)
2010.09.19 / 「まちのおと」(Port of Notes)
2009.03.15 / 「アンサンブレ声楽の夕べ」(中山敬子+山内ゆかり+新宮聡子)

【清光院下のギャラリーのご利用について】
一般の方の集まりやコンサート・展示会にもご利用いただけます。
利用料金は、半日:5,000円・1日:10,000円です。建物の維持費等にあてています。
5mx12mの長方形の主室に中庭を挟んで控室があります。30席から40席程度の集まりが適切です。ピアノ、スクリーン、キッチン使用可能
貸ホール専用の施設ではないため、駐車場などの制約があります。7月下旬より8月末までは夏休みにて閉館します。
詳しくは下記にご相談ください。
TEL:0852-26-1196(有光・ありみつ)メール:info@trmt-ken.jp

[PR]
by trmt-ken | 2018-05-28 17:39 | コンサート・催し | Comments(0)
<< 虐待と「傷つく脳」 応答という宝物 >>