凍てつく空に銀色の大梁
f0202518_14404408.jpg
小雪舞う中、現場では凍てつく空に銀色の大梁が吊り上がる。まじかで見ると迫力の梁。本日3本明日3本。
短時間立ち会うだけでも冷え切って指の感覚がなくなる。
現場の皆さんはそれぞれに、ネックウォーマーやヘルメットの下にもニット帽を重ねたりの工夫がみえる。それでも寒い。
ズボンの上にレッグウォーマー姿のくまさんも違和感なし。

[PR]
by trmt-ken | 2018-01-31 20:45 | 建築 | Comments(0)
<< 冬の午後はゆっくりとティータイム 雪の日はにわかカメラマンになって >>