ブロックの家つくり-その2
森のくまさんが、コンクリートブロック造についての稿を練っています。それはあとのお楽しみとして、こちらは、住んでみてわかったことや3軒+α建てた経験について。

その1.夏涼しい。(前稿による)暑がりのくまさんが左うちわ。

その2.固定資産税が安い。…竣工後、税務署の調査があり、コンセント数とかを丁寧に数えておられた。でも壁は構造躯体の素地のまま、シャンデリアなどもちろんなし、「粗末な小屋」扱いで評価額はとても低かった。びっくりして思わず「もうちいとかかっているんですけど」と言いかけたけど、ぐっと我慢した。で、RC 造のギャラリー(こちらのほうが規模は小さい)と比較しても税金は半分以下で済んでいる。
f0202518_19594419.jpg
自邸玄関(外のような中のようなほとんど外)
その3.壁が呼吸している。汚れない。…そもそもブロックを使用した最初は、私共もテナントとして入ったハーベストビル。構造は鉄骨で、内部仕切り壁としてごく普通のコンクリートブロックを積みました。外周の内側はクロス張り。居住者にヘビースモーカーが多く、鉄骨部やクロスはすぐに黄ばんでしまったが、ブロックは涼しい顔。これは使えると思いました。CB を活かすためスチール塗装色をCB 中心に決めています。
f0202518_09141620.jpg
ハーベストビル階段ホール(鉄骨造)

その4.担当の現場監督が得意そうに教えてくれたこと。…不整形の収まりなど、どうしてもモルタルで補修する必要が生じたとき、断熱材の板を押し当てるとブロックそっくりになる。思えば材料は同一で、現場の創意工夫があってこそ。現場はいつも楽しいが、一段ずつ積み上げていくCB の現場は特別に。
(現場大好き単細胞人種)

[PR]
by trmt-ken | 2017-07-28 20:03 | 建築 | Comments(0)
<< ブロックの家つくり-その3(マ... ブロックの家つくりーその1 >>