【ひびきあうもの】8-4 展示のご案内-続-
f0202518_19104676.jpg

究極の格子。象嵌による四角の窓で隣りあわせはみな違う色。 刻み込まれた時間と根気。ここに至るとおかしみが漂う。誰にも強いられず、望まれてもいない、根気というあまのじゃく。(吾郷屋)


f0202518_19105447.jpg
いつも新しい発見がある。枯れていく時間、息をする時間が結び合った草の冠。


f0202518_19110131.jpg
そして白い和紙の冠。なぜか切ない。しめ縄や紙垂につながる祈りににて。

f0202518_14295504.jpg
か細い白いキャンドルが、明かりをともしながら変容する。変わっていくこと、滅していくことの美しさと哀惜。(中尾淳子)
f0202518_19110839.jpg


11月28日(月)~12月4日(日)11:00~18:00 open
山陰のクラフト:舩木伸児・森脇靖・樋野由紀子・岡本英利哉・岡本美那子・藤原将史・川口淳平・松本裕子・吾郷直紀・中尾淳子


[PR]
by trmt-ken | 2016-11-28 19:23 | ひびきあうもの | Comments(0)
<< 【ひびきあうもの】8-5-淳平... 【ひびきあうもの】8-3 格子... >>