旅日記-ケルンへの旅-
ケルンに着くと駅の真ん前に大聖堂がそびえていて度肝を抜かれる。(フランスでは鉄道は古い街区から離れたところに設けるのが一般的。)しかも黒くて大きい。
f0202518_21243234.jpg

f0202518_20205493.jpg

Cologne大聖堂内部

ケルンでは、ゴットフリート・ベームさんの事務所を訪ねる。自宅兼アトリエの2軒の建物に、思い思いに図面を描く人、模型工房などがあって、日本人も含め様々な国籍のスタッフが働いておられた。ベーンスベルク市役所・孤児院・劇場などに連れて行って頂く。ベーンスベルクは、中庭にかなりな勾配があり、コンクリートは荒々しく存在感があった。ことに回り階段の裏側は扇状に堰板の跡を残し、ぞくっとするほど魅力的。古さと新しさの幸せな競演。
f0202518_16085952.jpg

ベーンスベルク市庁舎

夜は飲み会。ドイツ語・英語・フランス語・日本語が飛び交って、もうめちゃくちゃな一夜。
(礼)

旅日記-ケルンへの旅-2016.1024
旅日記-フォントネという谷間-2016.1017
旅日記-ローマ駅に住む-2016.0929
旅日記-太陽の高さ・日没-2016.0923

[PR]
by trmt-ken | 2016-10-24 21:29 | 建築 | Comments(0)
<< 吉阪隆正の長い影法師- 江津市... 展示会という共同作業 >>