展示会という共同作業
展示会という共同作業-スタッフの家つくり-

MintChuChuさんの場をお借りして展示会開催中。展示そのものが、川口さんという個性との共同作業であり、また一歩前に出るための一息という気がします。写真も額に入るといつもと違う表情を見せる。並び方を変えながら、考える。私たちは何をしてきたのか、何をつくりたいのか。
f0202518_10044295.jpg
 淳平好みの展示

今回展示中の住宅は、スタッフの計画中の家2軒と現在進行中の住宅1軒。いずれも子育て中の若い世代であること、近くに親世代の住宅があることが共通します。
M邸(八雲の家)はのどかな里山にあります。赤瓦の母屋からちょっと離して、小学生から幼児までの4人の子供さんと若夫婦が暮らします。キジが孵り、野菜や花や木々に囲まれて土に近い暮らしです。テラスで食事したい、ロフトでゴロゴロ寝たい、旦那様の隠れ部屋がほしい、いろいろな要望をどのように料理するか。
f0202518_10035205.jpg
A邸(上乃木の家)は高低差がある敷地です。駐車場を造成し2階ロフトからの見晴を確保しています。コンパクトな平面で、なるべくワンルームに近く全体を感じることができるように。後は予算。どれだけ自力でできるか。無駄を省いて本当に最初に必要なものに集中します。

予算が潤沢にあることはめったにない。八雲のhibiさんの改修で、かなり自力でできることが分かりました。いろいろな人に教えを請うて、体験を積んで、土のにおいのする、家族と共に育つ家をつくりたい。
f0202518_10044845.jpg
動物探し-猫(何匹?)と犬とくまがいる風景
日時:2016.10.20日(木)~11.15日(火)
会場:MintChuChu Leather 川口淳平商店:米子市上福原町

f0202518_17034808.jpg



[PR]
by trmt-ken | 2016-10-22 10:16 | mint | Comments(0)
<< 旅日記-ケルンへの旅- 生活の中の建物2 家を建てる大... >>