L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-7〈ブルゴーニュの夏休み〉

一年たっても語学力は不十分とのモネ先生の太鼓判を頂き、夏休みには語学研修に出発。平日はディジョン大学で語学研修、週末にはブルゴーニュ地方のロマネスク建築三昧の日々を送る。 

f0202518_13294411.jpg


Paray-le-Monial:柱が壁から浮きはじめ丸柱・角柱・溝付柱などが展開。華やかなクリュニー会派の表現。


ロマネスクの建物はその町の石の色と質がとても大きい。クルルモンフェランは溶岩の真黒な大聖堂。パレルモニアルは黄土色。ディジョンは赤味の褐色、そしてトールニュスはバラ色。昔から言い伝えられた石で、ほとんど恍惚となるような幸福感に満ちた堂内。

f0202518_13290361.jpg


-サンフィリベール:Tournus-


現在の修復によるステンドグラスも、このバラ色の石を生かすことに全力を挙げていることが分かる。わずかなグラデーションのあるバラ色と緑の色ガラス。ここの身廊は、当初の木造架構から架け替えられ横断方向に連続したボールトが掛かる。推力が相殺される合理的な架構だが、ほかにはあまり例を見ない。地下祭室と入口側3ベイはさらに古い。

ブルゴーニュ地方は良質の石を産し、ゴシックへとつながる構造的実験の成果を見ることができる。歴史的には過度的といっても、それぞれがそれぞれの美しさを持ち、その時の到達点を示している。どれが上とは言い切れないのが不思議。それに、ゴシック全盛の時代に入っても、なおロマネスクへの好みを保持し洗練させていった地域や流派があった。(シトー会フォントネなど―別稿

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-1友人たち2016.0903

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-2授業点描2016.0905

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-3階段の表と裏2016.0908

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-4手仕事の身体性2016.0913

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-5祭具・象徴性2016.0917

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-6試練の日・ラン大聖堂2016.0919

L’Ecole de Chaillot(パリの古建築研究所)のこと-7〈ブルゴーニュの夏休み2016.0920

(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-09-20 20:13 | chaillot | Comments(0)
<< もりのくまさん島ごもりで「運動... L’Ecole de Chai... >>