【原洋一展】によせて-手仕事の深さ-
f0202518_20135025.jpg
日曜日のMint chu chu川口淳平商店には、陶芸の原洋一さん、木工の柳原さん、そして皮の川口さんが集っておられた。器によってコーヒーの味が違うよという話になって、目の前で松浦コーヒーを淹れて頂き、椀を違えて飲み比べてみました。どうですかと皆さんに見つめられると、緊張してようわからんかった。
f0202518_20141755.jpg

松江に来る前には、作り手のわかる茶碗だの、作品だのを使用するなんてそんな贅沢考えもしなかった。25年ほど前に原洋一さんのポットと皿を入手した時にも、作家に出会うなんて夢のような。本日初めまして。
f0202518_20143791.jpg

手を使う(もちろん頭も使う)方の厳しさに接すると、私も造りたいという火のような思いが湧く。余りものをいじるような仕事でなく。本物を。それは気配に現れる。
f0202518_20145869.jpg


鑑賞する、批評するより、作る側にいたい。
(礼)

【原洋一展】は明日7月7日までです。
[PR]
by trmt-ken | 2015-07-06 20:17 | mint | Comments(0)
<< 【花結び】-長崎家一子相伝の技- 清光院下のギャラリーにおける展... >>