続【ひびきあうもの展】Vol.7-6ご紹介
f0202518_610525.jpg
米田由美子:Portrait of mind 窪んだ白と膨らんだ白、非対称の配置が気を発する
f0202518_6111574.jpg
竹田道生:スルバランの静物にも潜んでいそうな古典的な香りを持つ陶器。
f0202518_6114991.jpg
森脇靖:清々しい陶器の群れ 川口淳平:丹精こめた籐籠がふさわしい布と紐を得て。棚はENの藤原将史
f0202518_6123394.jpg
藤原将史:木の皿・各々の肌理、肌色をそのままにそぎ落としたかたち
f0202518_6125158.jpg
別室にて松本裕子:植物のオブジェ
f0202518_613415.jpg
大熊健郎氏による配置:柿渋染めの袋など、実用とはまた別の存在感があるものたち。…飛び立つのか、とどまるのか微妙な立ち位置。
日曜日12:00~17:00はTeaRoomにて門脇栄子さんのフランス菓子などお楽しみください。なお、近所の寺本建築都市研究所(寺本宅)の欅の中庭も開放しています。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-07 06:26 | ひびきあうもの | Comments(0)
<< 続続-不思議の世界へようこそV... 「ひびきあうもの展」Vol.7... >>