大友良英「音の学校 音楽の学校」のご案内
f0202518_22555133.jpg

「音の学校 音楽の学校」とは演奏付き音楽講座
音楽家の大友良英さんに「音を聴くこと」そして「即興・ノイズ」などの音楽について講義を行ってもらいます。 大友さんが携わった映画をその場で観ながら、そして音源や生演奏を聴きながら話を聞いていきます。 音楽に詳しくない方も、大友さんを初めての方も楽しめる内容になっています。

大友良英のJAMJAM日記より

[日時] 2013年3月30日(土)
[開場] 13:00
[開演] 13:30
[料金] 2,000円
[会場] 清光院下のギャラリー
[住所] 島根県松江市外中原町清光院下198-1

大友良英プロフィール
音楽家、ギタリスト、ターンテーブル奏者。1959年横浜生まれ。十代を福島市で過ごす。
常に同時進行かつインディペンデントに多種多様な作品をつくり続け、その活動範囲は世界中におよぶ。ノイズやフィードバックを多用した大音量の作品から、ジャズやポップス、歌謡曲、音響の発生そのものに焦点をあてた作品までその幅は広く、この数年は美術の領域にまたがる作品も数多く手がけている。 映画音楽家としても、数多くの作品を手がけ、中国香港映画からNHKのドラマまで、2012年末時点で70作品を超えるサントラを制作。 近年は「アンサンブルズ」の名のもと音楽家に限らず様々な道のプロフェッショナルからアマチュアに至るまで、多様な人たちとの協働を軸に展開する音楽展示作品や特殊形態のコンサートに力を入れている。
現在、遠藤ミチロウ、和合亮一とともにプロジェクトFUKUSHIMA!の共同代表を務める。

大友良英日本語ホームページより
[PR]
by trmt-ken | 2013-03-25 19:53 | コンサート・催し | Comments(0)
<< 繋ぐこと・受け継ぐこと シマネRプロダクト展―終了しました >>