隠岐は相撲の真っ最中
文化の日、屋根替えの様子を見に隠岐に帰る。隣の水若酢神社境内では相撲の真っ最中。
f0202518_20521659.jpg

ポーランド相撲連盟の力士も強い。そして、知り合いの息子さんも強い。強いけど、今年は優勝しないんだそうな。前に優勝したのでもう優勝しない…という美学。「隠岐古典相撲」というだけのことはあると感心する。隠岐の海がどんどこ勝たないのは隠岐の美学に染まりすぎかな?

女子もまわしをたたいて参戦。そしてまためっぽう強い。そして、負けると泣いて帰る。また来年がんばれ!
f0202518_20524173.jpg
f0202518_21172251.jpg
隠岐は柿色に染まる。頂き物の干し柿がとてもおいしくて、わがとこでもと、せっせと柿を収穫する。食べ物に関してはよく働くくまさんです。よその放置されている柿の行方まで心配しています。
f0202518_20522483.jpg
川辺のほれぼれとする樹、柿色に照り映えて

ところで、最初に「隠岐に帰る」と書いた。家は松江、出生地は東京なのに、自然と隠岐に帰るという。30年前には「いつ帰る?」の意味がかみあわなくて往生したものだ。正確には、「寺本の実家に戻る」。しかし、帰るという感覚は隠岐にふさわしく感じられる。そうした土地の持つ地力を想う。
f0202518_12210361.jpg

姿の美しい樹はそこここに。剪定されずに健やかに伸びる環境があってこそ。(礼)


【隠岐の島便り】より

隠岐は相撲の真っ最中2017.1105

隠岐の家、赤瓦に戻る2017.1030


2017.0103

海はええなあ【カニのひとりごと】2015.0806

隠岐の島たより-木材生産の現場より2013.1110

隠岐の島の国道2013.0519

知夫里島上陸2013.0203

隠岐古典相撲2013.0117


201201227


2012.1115

自然の花道-登校012.0608

隠岐の古民家と神楽2010.0905

隠岐の島の合宿2009.0618



[PR]
# by trmt-ken | 2017-11-05 20:58 | 隠岐の島たより | Comments(0)