年ごとにささやかに寿ぐ
新年は隠岐で迎えた。隠岐そばと隠岐風雑煮がことのほか好きで、スーパーであごだしを買い占め、(2袋しかなかった)ちゃんとそば用にさばいて焼いてあるサバを見つけ、ほくほくとして帰宅。松江で急に買い出しに出てもないことが多い。東京ならばなおさら。
f0202518_21220802.jpg

豪華なおせち料理は欲しくなくなった。ただ、素朴な出汁と柚子と岩ノリのそば、それから歳改めてのあごだしと岩ノリの雑煮で幸せ。

船で奇妙に上等なコートを着ている人がいた。なんだか特殊な職業みたい。雑誌に金額入りの毛皮のコートが載っていて、1千万以上の値段に噴き出してしまった。これ着てどうするの。だんだんそうした価値観の逆転現象が起きている。立派なもの、上等なもの、金ぴかなものはうらやむ対象ではなくなった。

建築も、かっては立派な空間にあこがれた。今、それがだんだん消えつつある。どこへいくのか…それはまだわからない。しかし、より素朴で単純なものへと向かっていくような予感がする。

あごだしの好きな東京の娘に送ったことがある。だしにする手間も惜しんで、おせんべいのようにぱりぱり食べたよし。親子相似て隠岐風流儀。

[PR]
# by trmt-ken | 2018-01-22 21:37 | 折々に・・・ | Comments(0)