<   2018年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
すぐに眠くなるおまじない
枕元にうず高く本を積んでいる。なるべく難しげな哲学や宗教の本など。たいていすぐに眠れるが、一方眠りの中まで深く心に残ることもある。そんな一冊。DOOR さんにて入手した「聖ベネディクトの戒律」。
f0202518_21233031.jpg

まず、造本がいい。活字が典雅で数字まで美しい。印刷・製本は精興社。やっぱり。ざわざわした本に囲まれていると気持ちがあれる。置いてあるだけ、背表紙だけ、枕元にあるだけでも安らぐ本がいい。

そして内容。ローマ時代までの市民や貴族の文化は、実は奴隷制度の労働に支えられていた。その「労働」を喜びとして、また信仰へ至る道としてとらえ直した。それは大変な改革といえる。

今の時代にも言える真実ではないか。喜びを持って仕事をしているか。弱い立場の人に、過酷な仕事を押し付けてはいないか。おいしい所だけを味わおうとすると、見えないところで病みはじめる。
f0202518_09445292.jpg
戒律写本(オックスフォード写本ハットン48:8世紀)

ところで、DOOR の店主高橋香苗さんは、だれがどのような本を買っていったかを覚えておられるようなのだ。恐るべし。

(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2018-01-24 13:27 | 折々に・・・ | Comments(0)
重ね着の流儀
我が家は寒い。人それぞれの防寒対策。
私の場合、タートルネックセーターは3枚まで。それ以上だと首がまわらない。ヒートテック下着も当初これは暖かいと買い込んだが、重ね着すると息ぐるしい。人は皮膚でも呼吸しているのではないかな。

姉から新兵器として贈られた4枚重ね靴下…絹・ウール・絹・綿と重ねる。確かに暖かいが、靴が履けない。最初の2枚は指付なので、履くのにえらい時間がかかる。洗濯をすると靴下だらけになる。というわけで現在2枚(休日は3枚)までに省略して試行中。ちなみに、姉のところには洗面ボウルのようなスリッパがあった。 階段を転げ落ちそう。

欧州旅行中に出会った若者を思い出す本日の4コマ漫画。(1月23日朝日新聞より)

f0202518_09365432.jpg
「 コートなしで寒くありませんか?」で思い出すことあれど、それはまた別の日に「森のくまさん」にて。




[PR]
by trmt-ken | 2018-01-23 10:13 | 折々に・・・ | Comments(0)
年ごとにささやかに寿ぐ
新年は隠岐で迎えた。隠岐そばと隠岐風雑煮がことのほか好きで、スーパーであごだしを買い占め、(2袋しかなかった)ちゃんとそば用にさばいて焼いてあるサバを見つけ、ほくほくとして帰宅。松江で急に買い出しに出てもないことが多い。東京ならばなおさら。
f0202518_21220802.jpg

豪華なおせち料理は欲しくなくなった。ただ、素朴な出汁と柚子と岩ノリのそば、それから歳改めてのあごだしと岩ノリの雑煮で幸せ。

船で奇妙に上等なコートを着ている人がいた。なんだか特殊な職業みたい。雑誌に金額入りの毛皮のコートが載っていて、1千万以上の値段に噴き出してしまった。これ着てどうするの。だんだんそうした価値観の逆転現象が起きている。立派なもの、上等なもの、金ぴかなものはうらやむ対象ではなくなった。

建築も、かっては立派な空間にあこがれた。今、それがだんだん消えつつある。どこへいくのか…それはまだわからない。しかし、より素朴で単純なものへと向かっていくような予感がする。

あごだしの好きな東京の娘に送ったことがある。だしにする手間も惜しんで、おせんべいのようにぱりぱり食べたよし。親子相似て隠岐風流儀。

[PR]
by trmt-ken | 2018-01-22 21:37 | 折々に・・・ | Comments(0)
篠田桃紅さんという生き方
1月18日付山陰中央新報の記事に、目が止まり、そして時間が止まった。
f0202518_21140364.jpg
105歳という年月の輝きを見る。時間の感覚があいまいになる‥それを単なる衰えととらえず、新たな段階として受容する姿勢に感銘。振り返れば、さあ、これから35年もあるぞ。どのように向かおうか。(途中で消えるにせよ、とりあえず)

昨日と今日が溶け込んでいる…日本画の雲でぼかす手法にも似て。それから、水墨画やダビンチの背景や、上村松園の髪の生え際の美しさを想う。本日までパース三昧。こつは、きっちり描き切らずに、あいまいにすること。柔らかくふわっと。余白に残像が残るように。(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2018-01-21 21:50 | 折々に・・・ | Comments(0)
長崎誠さんの弟子・川口淳平さんのこと
f0202518_13405703.jpg

本日の中央新報に、あれ、親しい顔が。 川口淳平さんの仕事が、長崎家の家伝の技とともに紹介されています。
昨年5月には清光院下のギャラリーにて【松江藩籐細工 長崎家の仕事展】が開かれました。様々なヒントを頂き、考えることの多い展示会でした。

【長崎家の歴史展@清光院下のギャラリー】
編む空間・積む空間 2017.0523
形式を繋ぐ 【松江藩籐細工 長崎家の仕事展】ご紹介2017.0521

松江の奥ゆかしさ 【松江藩籐細工 長崎家の歴史展】ご案内2017.0519
松江藩籐細工 長崎家の歴史展【ご案内】2017.0502
長崎家の歴史展【ご案内】2017.0428

【ミントチュチュレザーの午後】
緑を呼吸する2017.0604
あたたかな鉄・河原崎貴・中村摂子展2016.1216
指先という目-長崎家の仕事展-20161214
家を継ぐ・仕事を継ぐ覚悟 -松江藩籐細工長崎家の歴史展2016.1213
午後の仕事場2016.111328
MintChuChu-さんにて展示会開催中2016.1111
お帰りなさい私の頭-原洋一展によせて2016.11061030
猫軍団右往左往2016.1030
生活の中の建物2-2016.1020
スタッフの家つくり2016.0925
花を活ける器展-原洋一-2016.07016
ねこばすコバタロウの肝試し2016.0501
川口淳平鞄展2016.0216


生活の中の建物2015.0420
シマの中の猫2013.1014
春待猫2013.0214
現場より-ミントチュチュレザー2011.0624

[PR]
by trmt-ken | 2018-01-10 14:03 | 折々に・・・ | Comments(0)
愛用の文具-その2-
ホワイトの使い方
f0202518_19540996.jpg

黒のマスキングテープと同様、お気に入りかつ必需品なのが修正用ホワイト。くまさんも奥さんも揃って愛用。今年は年賀状からしてホワイトのお世話になった。原稿は確かに新メール番号なのに、なぜか仕上がりは旧番号。間違えては申し訳ないので、すべてホワイトで消して出した。(新番号は寺本建築都市研究所: info@trmt-ken.jpです。よろしく。)


さて、お世話になった先生からの年賀状。我々とどこか似ていて、時々ホワイトを使われる。今年はしかし大量に消してある。なんだろう。透かして見ると「高齢になりましたので、本年をもちまして賀状を遠慮申し上げます。」と印刷してあるのが読めた。それを消したうえに手書きの一言。…ということは私には来年もまた書いてくださるのかな、とちょっぴりほっこりした正月の朝。こちらからはいっぱい書いて出そう、と思うあまのじゃく。大体、消したものを読もうとすることが「あまのじゃく」だけど。

(礼)



[PR]
by trmt-ken | 2018-01-03 20:12 | 折々に・・・ | Comments(0)
謹賀新年2018
f0202518_15171850.jpg

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
f0202518_15382495.jpg

隠岐の島大久にて(吉田泰賀作)

[PR]
by trmt-ken | 2018-01-02 15:18 | 折々に・・・ | Comments(0)