<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
出雲大社庁の舎からモダニズム建築を考える
 ― 現代(モダニズム)建築の現在 10—

出雲大社庁の舎の解体が検討されていることを知り、50年前のモダニズム建築の傑作について改めて考えてみました。
f0202518_17504815.jpg
f0202518_1751828.jpg
出雲大社庁の舎

■神社の祖形・建築の祖形
 庁の舎は田園風景の中にみられる「いなはで」をモチーフとして設計されたということはよく知られています。出雲大社という日本最古かと思われるほど古い歴史を持つ神社の境内に、コンクリート造の現代建築をどのように構想するか・・・という課題に対し、菊竹さんのイメージ力は「建築のもっとも古い形式・・・建築の祖形」に到達したのではないかと思われます。
神社の祖形は、外敵や湿気・ネズミなどから大切な食料を守るために工夫された『高床式の米倉』と言われています。ではそのような神社に仕える庁の舎は、どのような姿を持つべきか?
倉より控えめで稲作にも関連し、もっと素朴な建築形式である「いなはで」がふさわしいのではないか・・・現代建築の総力をあげて、建築の祖形を設計する・・・となったと推測します。
ただ、天才建築家菊竹清訓さんのことですから、理屈をウンウンうなったすえやっとたどり着いた結論・・・というよりは、旅をしながら出雲平野の築地松や「いなはで」の素朴なかたちなど眺めているうち、故郷の九州の田園風景を思い出し、突然「これだ!」となったのかもしれません。
f0202518_17525015.jpg
高倉式の米倉
f0202518_17533570.jpg
いなはで
f0202518_17551727.jpg
稲架木(はさぎ)並木

■「か・かた・かたち」と架構のデザイン
 「いなはで」は「稲架」と書くことを今回知りました。菊竹さんの建築論「か・かた・かたち」の「か」とは何のことだろうかと長い間見当がつかなかったのですが、「架」と理解すればわかりやすい・・・と思うに至りました(私の勝手な解釈です)。 「架・型・形」です。
菊竹さんは文章による理論としては、「か」に文明論的な深い意味を込めておられますが、深層の心理ではきっと、架構のデザインをどのようにするか・・・が大きなウェイトを占めていたのではないかと推測します。
庁の舎が竣工した1963年ころの菊竹さんは、構造設計家の松井源吾さんと「架構をデザインすること」に多くのエネルギー注いでいました。
・建築を地面から持ち上げること
・建築をつるすこと
・構造の力の流れを視覚的に表現すること
などにより、東光園、佐渡グランドホテル、スカイハウス、旧島根県立博物館、京都国際会議場コンペ案、都城市民会館など多くの力強い建築空間に挑戦していました。
庁の舎の50mに及ぶワンスパン構造からも「大きなちから」が伝わってきます。
f0202518_1757199.jpg
東光園
f0202518_175852.jpg
スカイハウス
f0202518_17584017.jpg
旧島根県立博物館
f0202518_180328.jpg
京都国際会議場コンペ案

■架構のデザインと身体性
「持ち上げる」とか「つるす」という構造は、単に建物をそうするということにとどまらず、建物の利用者を「持ち上げる・つるす」ということも意味しています。私たち自身が「持ち上げられた空間・つるされた空間」にいるという身体感覚を伴います。そして架構を出来るだけストレートに表現することによって、身体感覚がさらに増幅します。
この身体感覚を伴う架構デザイン(架構デザインの身体性)が、一連の菊竹さんの建築の特徴と考えられます。
(当時のモダニズム建築について、大建築の時代とか大建築の聖地・・・とかいう表現があります)

■現代建築の1960年前後
庁の舎は1963年に竣工していますが、翌年の1964年には丹下健三さんの傑作である代々木のオリンピック競技場が竣工しています。大地に柱を建て、ケーブルによる吊構造で大空間を覆う明快な構造です。登呂の遺跡など住居遺跡にみられる「天地根源造り」を意識した構造と言われています。竣工が1年違いということですので、設計時期は庁の舎と重なっているということになります。設計中、丹下さんと菊竹さんの間に何らかの交流があったかどうかはわかりませんが(どなたかご存知でしたら教えてください)架構をデザインするという『時代の特徴』を表わしています。日本の戦後が終わり経済の高度成長期に入った1960年代に、丹下さんや菊竹さん達による日本の現代建築が「世界を代表する現代建築」となりました。
f0202518_181534.jpg
国立代々木体育館
f0202518_1823197.jpg
古代住居の復元模型

■架構のデザインと表層のデザイン
 架構のデザインということについては、最近の新国立競技場の2回にわたるコンペにも典型的な形で現れています。最初のコンペでは、「規模や用途などの設定が杜撰で、神宮外苑の歴史性や場所性に相応しくない上にコストがかかり過ぎ」ということで白紙撤回となりました。 本稿の第8回新国立競技場問題と土なモダニズム」では、ザハ案のデザイン性について、『流線型でのっぺりしていてスケール感に乏しい、という外観のデザイン性は、「身体性=スケール感」から離れていますが、内部空間も「身体性=心地よさ」から離れた「離土性」のデザインです』と述べました。表層のデザインが目を引きましたが、架構のデザインが不十分でした。
 
その後行われた第2回目のコンペでは、表層デザインのA案と架構デザインのB案という対照的な案が提出されました。B案は菊竹事務所OBの伊東豊雄さん中心のチームです。「表層のコロモではなく、架構のデザインが追求されるべきである」という菊竹さんの庁の舎のエッセンスが、50年後再び展開しているように感じました。
f0202518_1832550.jpg
新国立競技場ザハ案
f0202518_1841566.jpg
新国立競技場A案
f0202518_1851260.jpg
新国立協議場B案

菊竹さんの庁の舎について考えていると、「建築の祖形からモニズム建築の将来まで」を見通すことになります。1960年代という、モダニズム建築がはつらつとしていた時代の世界的な名建築・・・と改めて思いました
(和)

[PR]
by trmt-ken | 2016-04-29 18:16 | 現代建築の現在 | Comments(0)
パンダ左膳参上
f0202518_13464756.jpg
昨夜、森のくまさんがベッドから墜落。よほど頭が重かったのか目の上が打撲で腫れ上がった。眼帯代わりに、新調したばかりのメガネにガーゼをマスキングテープで張り付けて急場しのぎ。MTとの腐れ縁は切れそうにない。
もともと「みば」の良い顔でもなかったが、とてもとても、の状態となる。本人は鏡を見ることを拒否。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-04-26 13:50 | 森のくまさん | Comments(0)
森脇靖『日常の器展』-ご案内-
森脇靖『日常の器展』本日より目黒クラスカにて
f0202518_10245045.jpg
4月23日(土)~5月15日(日)11:00~19:00
CLASKA Gallery&Shop DO 2F:目黒区中央町1-3-18

森脇さんの器はいつもそばにいて、毎日5回ほどもお出まし頂いています。
朝のたっぷりミルクティーから、コーヒーおかゆ、それに抹茶も。ゆったりとして何でもおいしく頂けます。裏側に森脇さんの指のあとがあり、そこで支えるとすわりがよい。
『ひびきあうもの展』でおなじみの大熊さんのクラスカにて。5月15日まで。目黒駅から、先頭のバスに乗ると、骨董や家具の店の並ぶ目黒通りにあります。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-04-23 10:27 | 折々に・・・ | Comments(0)
次の世代へ引き継ぐ建物-寺の再生-
f0202518_20381641.jpg
第26代目住職により、開山500年、築200年の節目を迎える庫裏の耐震改修事業にかかっています。折しも、熊本では大地震発生、必ず地震は来ると覚悟せねばなりません。
高台の比較的地盤の良い立地で、いざという時のよりどころになります。行事として何度も炊き出しやご接待の経験を積み重ねてこられた。
「どのような場所で、知人や世の中に別れを告げたいか」という問いとともに、「あそこにたどり着けば」、という地域の人々の安心感を受け止められるかを考えます。
古くて新しい寺へ。
構造担当は、新潟の汎構造設計の坂上さん。森のくまさんを自在にあやつれる数少ない友人です。考えること自身が楽しいと再認識して、南無阿弥陀仏。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-04-18 20:40 | 建築 | Comments(0)
月根尾寮が人気です
本日の中央新報にて、飯南高校の寄宿舎が人気とのこと。とてもうれしい。
f0202518_21535673.jpg

寮生活には私も思い入れが深い。留学中住んだパリ大学都市の日本館、スウェーデン館、ベルギー館、友人の居たスイス館(コルビジェ)、ブラジル館、イギリス館など、寮の暮らしはいろいろ見た。完全にそろっていない、食事やシャワーは外でなどのある種の不便さが、逆に孤独な学究生活の中で貴重な交流の機会になっていたような気がする。(ストレスからか体調を崩す人が出るため、寮生としていつも精神科の医者が入っていた。)
f0202518_22131277.jpg
赤の階段
ベルギー館の屋根裏部屋暮らしは1年。本棚とベッドを組合わせた巨大家具があり、「巨大な安心感」が底にあり、飯南高校寄宿舎でも参考にした。入口とクロゼットと洗面所の3枚の扉が同一意匠で、お客さんが帰りがけにクロゼットに飛び込む事故が頻発、クロゼットを整理整頓する癖がついた。

日本館の旧住民は館長夫妻を中心に、今もとても仲がよい。ジャポニスム様式の鉄骨造の安普請で音が筒抜けであったけれど、それはそれで懐かしい思い出。靴の生活で、特に上下階の音は悩ましかった。これも木造の飯南高校寮で参考にした。
f0202518_22134154.jpg
ワークショップ風景
家族単位でない住まい方は何か夢のようで、青春のにおい。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-04-14 21:55 | 建築 | Comments(0)
4月17日のコンサートご案内
【bird “ そうだ 島根、行こう。” Acoustic Tour】
力強く、そして切ない歌声でファンを魅了する
シンガーソングライターbirdのアコースティックツアーが決定。
昨年デビュー15周年を迎え、
冨田恵一と2人で制作した最新アルバム『Lush』を発表。
ジャンルレスなbird ミュージックが更に加速!
初期作品を感じさせるマシン・ビートに、
今迄以上に縦横無尽に多彩なジャンルを横断する全く新しいbird。
新旧織り交ぜた様々な曲を披露するライブパフォーマンスをお見逃しなく!
f0202518_2135639.jpg
■島根公演
日程 | 4月17日(日)
会場 | 清光院下のギャラリー(松江市外中原町198-1)
時間 | 開場 18:00 / 開演 19:00...
料金※前売 4,000円 / 当日 4,500円 (ドリンク代別途)
080-3136-2673 ハルモニア
出店:イマジン.珈琲店 協力:しょうが女子会&タイムアドベンチャーレコード
[公共交通]松江しんじ湖温泉駅から徒歩12分【bird official siteより転載】
[PR]
by trmt-ken | 2016-04-10 21:36 | コンサート・催し | Comments(0)
角田山のカタクリは
夫婦仲良く(ほんとは仲悪く)風邪を引き、ようやく回復の途上。
構造設計事務所の坂上さんからお見舞いに新潟の山の写真を頂きました。
f0202518_15343139.jpg

こちらは本当に夫婦仲良く山登りを楽しんでいらっしゃいます。冬山で骨折したり、靭帯を痛めたりもしながら、続いているようです。学生時代には寺本も同行したことがあるようですが、くたびれて、それ以来行く手が分かれたとのこと。寺本はスポーツをふくめ無駄な労働はしないたちで・・・何が無駄かは問題だと思いますが。無駄な労働を減らすと今度は過剰な蓄積が起こる。現在は、無駄と過剰のはざまで、味覚の変調に面しています。平たく言えば、ちゃんとしたものをおいしく食べたいなあ。
[PR]
by trmt-ken | 2016-04-07 15:52 | 折々に・・・ | Comments(0)