<   2015年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
【宍道複合施設-工事が始まりました】
宍道公民館・支所の複合施設の工事が始まりました。
f0202518_1050297.jpg
JR宍道駅前に立地し、背景に氷川神社の杜が控えています。近隣には八雲本陣を中心とした旧街道があります。旧街道(宿場町)の街並みに敬意を払い、落ち着いたたたずまいの建築が求められました。バス待ち、朝市、学生さんの待ち合わせ、ボランティアによるカフェなどいつも人の気配がする空間を目指しています。「土なモダニズム」を意識的にこだわってみました。今年の暮れにはほぼ完成します。
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-27 11:36 | 建築 | Comments(0)
【Mint chu chu Leather 川口淳平商店における展示準備-続続】
Mint chu chu Leather 川口淳平商店にて、住宅の展示会についての打合せ。
f0202518_2113113.jpg
いつもとは違う時間と音楽が流れる午後。猫たちは「かまってかまって」と打合せテーブルにどっかり腰を据え、同じく「かまってかまって」のぬいぐるみとにらみあい。
f0202518_212395.jpg

遠方よりの特別注文のお客様、餌をねだるひよどり、休憩ばかりしたがる寺本、おじゃまむしの猫とぬいぐるみ等々との応対に大忙しの川口さん。
Mint chu chu Leather 川口淳平商店の店舗は既存店舗(鉄骨造マンション)の改修です。工房と背中合わせの西側の店舗が空き、店舗部分を広げました。西日・西風をもろに受けるためコンクリートの塀をめぐらして開口部を絞っています。店内は壁から曲面で天井につながるようにしています。大社の住宅で試みた手法です。
f0202518_216612.jpg

竣工後も、家具や棚が徐々に増えてきています。
f0202518_2110961.jpg

改装当時のスタッフ(伊藤大介さん)が、このたび独立して八雲町に工房を構えました。3月末にオープンします。革工房 hibi こちらも改修です。木造住宅に一部屋を増築、塗装等工事の一部を自力で担当されました。中古住宅の改修は、若い世代にとり有力な選択肢の一つだと感じました。
f0202518_217239.jpg

(礼)

展覧会「生活の中の建物1 家について」
  • 会期:2015年4月2日~28日 毎週水曜は定休日のため休みです
  • 時間:13:00~19:00
なお、4月19日(日)14:00~15:00はざっくばらんなお話し会の予定です。昼間なのでお酒なしに話せるかどうか。それが一番の心配。
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-22 21:15 | mint | Comments(0)
【Mint chu chu Leather 川口淳平商店における展示準備―続】
Mint chu chu Leather 川口淳平商店にて、住宅の展示会についての打合せをしました。店内は頻繁に模様替えがあります。
f0202518_19434025.jpg
3月の窓辺。花は、<庭の林の森>の前田志穂理さん。花瓶と余白のバランスが春。
f0202518_19474544.jpg
今回は展示用の棚が新登場。GREENWOODS柳原敏彦さんの家具アトリエ作。ボード壁にも取り付け可能・取り外し可能。直交する板の接合部分が彫刻のような美しさ。
f0202518_19441775.jpg
籐細工の花入れ。川口淳平作
f0202518_19443443.jpg


さて、本日は年季のいったぬいぐるみペンギンの修理(美容整形)が終わったので、猫さんとの対面実験に臨みました。どちらもどきどき。
f0202518_19445528.jpg
フェルト手芸の羊毛で修理し、鳥だか羊だか自分でも分らんようになったぬいぐるみのぺんです、こんにちわ。猫さん伸ばした手がプルプル、しっぽまで緊張してます。錦織の小指の先ほどの役に立ち。
(礼)

展覧会「生活の中の建物1 家について」
  • 会期:2015年4月2日~28日 毎週水曜は定休日のため休みです。
  • 時間:13:00~19:00

[PR]
by trmt-ken | 2015-03-18 20:00 | mint | Comments(0)
Mint chu chu Leather 川口淳平商店における展示【ご案内】
米子市のMint chu chu Leather 川口淳平商店にて、住宅の展示会を準備中。(2015年4月2日~28日)「居心地の良い家」がテーマです。
f0202518_9562538.jpg
f0202518_1119783.jpg

設計事務所に依頼する住宅は大きな家ばかりではありません。「自分たちでも手に入る家を設計して」という、川口プロデューサーの厳しい要望をうけ、3タイプのモデルを製作中です。
f0202518_9572365.jpg

条件:敷地150~200㎡(45~60坪)、延床面積100~130㎡(30~40坪)、車2台、建築費用2000~2500万円程度。
モデル1:大屋根の家(南面に緑地などがある敷地に)
モデル2:中庭のある家(旗竿敷地など、周辺建物に囲まれた敷地に)
モデル3:2階居間の家(敷地がもっと狭く約45坪程度の場合)
f0202518_9581393.jpg
中庭での集まり
私共の家はモデル2(中庭型)に相当しますが、アトリエを併設し、コンクリートブロック造などの特殊要素もあります。ローンに苦しんでもきています。特殊要素をはずし、過重な負担にならない範囲で、それでもこれだけの空間を造れるということを表現したいと思います。
f0202518_959174.jpg
2階居間の例-天井高さを活かせる
「モデルハウス」というと、何か悪いイメージがある。あれもこれも詰め込んで、余白がないような・・・生活が商品になったような・・・。そうでない寡黙な「原型」を目指しています。
普段は人の言うことを聞かない所長が、川口さんの指摘には素直に応じているのがおかしいです。
f0202518_1013411.jpg
坂道に建つ2階居間の家(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-15 10:10 | mint | Comments(0)
【町家再生】-工事が始まりました
【町家再生】-工事が始まりました
f0202518_1872791.jpg
京橋川沿いの町家再生の工事が着工しました。
若い世代のU ターン・堀沿いの景観形成地区・空家再生事業・チャレンジショップ助成など、様々なモデルとなる事業です。
借り手・家主・役所・現場など、調整が大変だということがわかってきました。引き続き問い合せがありますので、とり急ぎご報告します。なお、近くのご相談も受けておりますので、借りたい・貸したい方、双方ともに御要望があればご連絡ください。
f0202518_17583531.jpg
一方、宍道湖畔に見つけた気になる空家。一度決まっていましたが、再び売家の看板がでていました。景色抜群、改修でよくなりそうな雰囲気です。
担当越野
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-13 18:01 | まちづくり | Comments(0)
20年目の住み心地―水回りいろいろ
f0202518_13284737.jpg
コンクリートブロックの家に住み始めて20年を経過した。子育て中はキッチンにいる時間が長かった。今は浴室にいる時間が長い。
f0202518_13292511.jpg
入浴・洗濯・染物・植物の世話などなど。湯沸しを持ち込んでお茶を飲んだりまでする。水と湯のある部屋。

f0202518_13295095.jpg
バリアフリーの浴室の例。洗面便所とワンルーム

キッチンも、水と湯と火のある仕事場として考えてみる。我が家ではアイビーも栽培している。
f0202518_13301978.jpg
対面背面のダブルキッチン。来客の多いご家庭で。通り抜けられる配置とし、奥に家事コーナー。
f0202518_13303921.jpg
家具の延長のように。火と水を分けた対面配置。古民家部分の居間からの続きの食堂。家具は柳原敏彦さんの家具アトリエ製作。

我が家では、主人が最近好んで台所に立つ。味はさておき、毎日のごはんの心配がないのがありがたい。ただ、おおい、夕飯ができたぞ!と大声でよばわるのはやめてほしい。何となく、ご近所に見栄もあるし。あの家は外観だけでなく、相当変わっているとは思われているに違いないが。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-08 13:40 | 折々に・・・ | Comments(0)