<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
隠岐の島から代官山を回想する

槇文彦氏「漂うモダニズム」を携えて隠岐に滞在中。
知性も感性も同時に刺戟され、読むことの喜びを堪能しています。

代官山といえばヒルサイドテラスですが、個人的にはもう一つの代官山があります。生まれ育った同潤会アパートです。「都市に咲いた小さな異郷」に添えられた写真、かっての私の家の前です。斜面に沿って降りる階段は時々ロケに使われました。桜の大木が覆いかぶさっていて、春には桜吹雪の後、盛大に黒い毛虫が落ちました。外出時には、傘を差してこわごわ通りました。あるいは「中の道」をとおって別の出口から出入りしました。
「中の道」というのは、階段の踊り場を繋ぐ迷路のような渡り廊下で、子供にとっての解放区でありました。住宅の生活の一部がはみ出し、建物の中の街であり、道であった。また建物は古びていたけれど、欅などの樹木に守られていた気がする。ギャラリー前の樫は代官山のどんぐりから育ち、松江の家の欅にはその遠い守られていた記憶が引き継がれています。

f0202518_2021385.jpg
松江清光院下の家

丹下健三の代々木競技場について「水泳場の飛び込み台に立ったある外国選手の、それは天国に向かう気持ちであったという一言を生涯私は忘れることができないだろう」。まことに。
代官山から近かったため、時々代々木のプールで泳いだ。あるとき何か不思議な気持ちにかられ、飛び込み台から飛び込んでみた。正確にはほとんど墜落してみた。低い台にもかかわらず、すごい水圧でセパレートの水着が脱げてしまい、水中の地獄ではきなおすのに大慌てをした。以来、あんな高いところから飛び込んで大丈夫だろうかと余計な心配をしている。

若いころの槇さんの写真を拝見しながら、やはり、建築は楽しい、創ることは歓びということを感じています。
(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2013-05-22 11:25 | 折々に・・・ | Comments(0)
隠岐の島の国道
雨の日曜日。傘をさして島の国道をとぼとぼと1日2回高齢の母の見舞いをする。
国道といっても信号はなく、歩く人もなく、まれに行き過ぎる車の人は、確認するかのように顔を覗き込んでいく。草の匂いがし、鳥のさえずりが聞こえる。途中には、隠岐の島町(旧五箇村)農村環境改善センター、五箇創生館(展示施設)、住宅等かって手がけた赤瓦の建物があり、遠くには郷土館(明治期の洋館)の赤瓦や水若酢神社の茅葺屋根。
f0202518_1935282.jpg
隠岐の島町(旧五箇村)農村環境改善センター。五箇石の玄関ホール。
f0202518_21122097.jpg
神社石垣・五箇石亀甲型積
f0202518_17454779.jpg
創生館遠景。後ろは水若酢神社の杜。
f0202518_17475100.jpg
創生館入口。RCと木架構による混構造。
f0202518_174883.jpg
住宅。国道付け替えにより庭が少し削られた。隠岐の作法により、座敷は手前平屋で天井約3m。周囲に下屋を廻している。木造在来工法。
f0202518_17523348.jpg
今年は春になっても肌寒く、急に暖かくなった。つつじ、山藤、あやめなど紫系統の花の競い合う国道R485号線です。
(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-19 12:05 | 隠岐の島たより | Comments(0)
緑滴る午後に
仕事がひとつ一段落した日曜日。
f0202518_2021385.jpg
見上げるといつのまにか滴るような緑。
昨年見つけた欅の赤ちゃんは、グラスでもポットでも順調に育っています。さらにまた新たな世代も芽を吹いて気の遠くなるような数です。山が笑い、樹が歌う。
本日は木漏れ日の揺れる中庭にて住宅の打ち合わせ。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-12 20:12 | 折々に・・・ | Comments(0)
川に入って
夕刻、米子の現場からの帰り道、日野川に入っている男の人を見ました。飯梨川でもひとり。田植えの後で、川で身を清めているのかもしれません。日差し明るく、水ぬるむ季節となりました。清光院下のギャラリーが、野菜の似合う空間でよかったなと思うこのごろ。(礼)
f0202518_18471035.jpg
しろつめ農園さんの自家製酵母パン
f0202518_18494416.jpg
若い紫陽花
ひびきあうものvol.5より
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-08 09:23 | 折々に・・・ | Comments(0)
ひびきあうもの vol.5―終了しました
5回目となる「ひびきあうもの」展。毎回新たな趣向があり、試みがあり、参加者の輪が広がるのを実感します。お客様も、不便な場所なのに驚くほどたくさんおいで頂きました。声高にでなく、でも確実な気持ちのつながりがうまれつつあるように感じます。丁寧に、よいものを。
f0202518_9222393.jpg
保育園に変身したかのような中庭。若い子育て世代でいっぱいです。
f0202518_9194980.jpg
4日夜は一転、杉瀬陽子ライブ
f0202518_21522150.jpg
(常松香織さん撮影)

清光院下のギャラリーにおける展示会
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-06 09:26 | ひびきあうもの | Comments(0)
ひびきあうもの vol.5―本日までです
屋台登場
f0202518_1023291.jpg

f0202518_1033941.jpg
雨模様の時には室内に避難。製作された家具工房 enの藤原さんご夫妻と。かわいい木製の車輪がついていて、ガーデンパーティやお祭りにも活躍しそうです。
f0202518_10112091.jpg
室内の様子。
今朝はそば打ちも準備しています。本日まで。

清光院下のギャラリーにおける展示会
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-05 10:12 | ひびきあうもの | Comments(0)
ひびきあうもの vol.5―始まりました
f0202518_12321934.jpg
開店前より行列で、たくさんのお客様でにぎわっています。
f0202518_12324239.jpg
店内の様子
f0202518_12342611.jpg
裏の夏みかんもプロの手で晴れ姿をして済ましています。
f0202518_12353475.jpg
オレンジピール-同上
f0202518_1237384.jpg
今回は食べ物が主役
f0202518_12374256.jpg
奥の方にはおなじみの家具工房 enさんのクラフトも。3.4.5日の3日間です。

清光院下のギャラリーにおける展示会
[PR]
by trmt-ken | 2013-05-03 12:57 | ひびきあうもの | Comments(0)