カテゴリ:折々に・・・( 156 )
深くいい話
米子のMintChuChuさんで午後のティータイム。

バッグの構造などの話から発展、ねえ私たちすごく深い話してない?と3人で合意。帰りは大雪で、渋滞にあった。帰ってみたら、何話してたか忘れてしまった。なにかとてもいい話してたんだけど。

寺本も、確かにいい話だったなあ、なんだっけ…、川口さんに電話しても何話してましたっけ。雪の午後ひらめいて消えたひとひらの夢。
f0202518_17464064.jpg

米子のクリニックにて、雪の日の一瞬の日差し


[PR]
by trmt-ken | 2017-01-15 17:50 | 折々に・・・ | Comments(0)
よしと君の記念日
本日はよしと君の7.5.3。
f0202518_13061536.jpg

いつもと様子が違うなあ。照れるなあ。ギャラリーで記念撮影の日。
f0202518_16074038.jpg

清光院下のギャラリーのご利用について】

  • 一般の方の集まりやコンサート・展示会・写真撮影などにもご利用いただけます。
  • 利用料金は、半日:5,000円・1日:10,000円です。建物の維持費等にあてています。
  • 5mx12mの長方形の主室に中庭を挟んで控室があります。30席から40席程度の集まりが適切です。ピアノ、スクリーン、キッチン使用可能
  • 貸ホール専用の施設ではないため、駐車場などの制約があります。7月下旬より8月末までは夏休みにて閉館します。詳しくは下記にご相談ください。
  • TEL:0852-26-1196(有光・ありみつ)
    メール:trmt-ken@mable.ne.jp

ひびきあうもの展【ご案内】今年は晩秋の開催となります。

日時:1127日(日)~124日(日)

場所:清光院下のギャラリー


清光院下ギャラリーにおけるコンサート
清光院下ギャラリーにおける展示会



[PR]
by trmt-ken | 2016-11-10 09:31 | 折々に・・・ | Comments(0)
田んぼの一息
f0202518_11333385.jpg
先月は刈り入れの人が休憩していた。今は田んぼが一息。刈られた稲とひこばえが混じって安らぐ色合いになっている。人の肌や、脳みそにも一息が大事だそうで、田んぼにも安らぎの一時。これから寒さに向かう晩秋の夕暮れ。

(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-06 11:34 | 折々に・・・ | Comments(0)
台所の新しい仲間

野菜の根の栽培についての記事を読む。捨てるゴミが減り、しかも栽培して食べられるとのこと。我が家の経済観念に非常に適合しており、さっそく採用。キッチンの仲間入り。わけぎは1日で約2.3cm成長しています。

f0202518_11154451.jpg




[PR]
by trmt-ken | 2016-09-22 19:58 | 折々に・・・ | Comments(0)
「よいしょ」に励まされて

『どっこいしょ』の語源は『六根清浄』か、との説が中央新報のコラムにあった。

思えば、我が子の発した最初の言葉はママではなく、もちろんパパでもなく、「よいしょ」である。

f0202518_09505376.jpg

眠ってばかりいる嬰児のころから外気を好み、どんなにむずかっていても外に出ると機嫌が直った。背負える頃になって外に出ると、どこぞより、よいしょ、よいしょの掛け声がする。

親を励まし、意のままに操る第一歩。恐るべし。しかしそれが仏道に繋がるならば・・・かたじけなしと考えよう。(礼)



[PR]
by trmt-ken | 2016-09-14 20:39 | 折々に・・・ | Comments(0)
植物の予知能力


f0202518_20084851.jpg


お寺の耐震改修に向けて解体工事が始まった。異変を予知したのか春には藤が満開になり、夏には早々と栗が実をつけた。子孫を残すための本能か。動物もいつもとは違う動き。最近は大きな蛇がお出ましになったとか。竜にちなむ寺ゆえ、親類の蛇も大事にされている。これからどのような動物が出てくるやら、お山の上は大騒ぎ。人間はほこりだらけ。

f0202518_20091315.jpg
f0202518_20091802.jpg

(礼)



[PR]
by trmt-ken | 2016-08-28 20:13 | 折々に・・・ | Comments(0)
今日は夏休み

f0202518_18534203.jpg
今日は遅ればせながら夏休み。ひとつ締め切りが終わって、中庭を掃除してみる。7年ともに暮らし、今年めでたく昇天したセミが5.6匹。欅の根元の土に還す。年々増加して、今年など室内でも大騒ぎした。


f0202518_18534828.jpg

蝉も欅が好きなのだろう。枝にも止まり、ブロックの壁にも止まり蝉御殿。蝉にしてみれば我が家は中も外もおんなじで、特に挨拶なく入って来る。今朝はヤモリがシンクで泳いでいた。アイビーさえも、時々室内で緑の葉を伸ばしている。

f0202518_18535233.jpg


(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2016-08-19 19:01 | 折々に・・・ | Comments(0)
何事もない日に

何事も起きない小説がある。『夕べの雲』庄野潤三。仕掛けや、趣向や何か変わったことがなければ小説は成り立たないか。

f0202518_20292945.jpg

清冽な静けさに満ちた時空がある。何もないところに光が差し、時が移ろう。事件や主張がいろいろあると見えなくなる『余白』の力を、信じたい。光の動き・風・時の移ろいを感じるための手がかりをつくる・・・それが私の仕事。

f0202518_20300834.jpg

(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2016-08-18 08:56 | 折々に・・・ | Comments(0)
ああ冷たい
夏真っ盛り。朝倉家のみはるちゃんは、我が事務所のアイドルです。アイスティーに触ってああ冷たい。目を合わせてにこっとされると、誰もが反射的ににこっとします。
f0202518_17341469.jpg
冬に誕生して夏の暑さは初体験、氷の冷たさも。予防注射も最初の一本は全然嫌がらなかったとか。何もかもが生まれてはじめて。大人も『初めて』を再体験して、ああ冷たい。しっかり離さない指先に舌まで出てきて、冷たいのはお気に入り。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-08-10 17:35 | 折々に・・・ | Comments(0)
裏返された座布団-catside down-
朝日新聞連載中の吾輩は金田邸の偵察を終えて鈴木君を待ち構える。
f0202518_1448240.jpg
来客用座布団に済まして鎮座する猫大明神。一瞬ひるむ金鎖の鈴木君とにらみ合い。ご主人がやってきて猫をつまみだし、ようやく鈴木君座布団を裏返して-turned it catside down-居場所を確保。翻訳者に一枚上げたい座布団春うらら。『ⅠAm a Cat-Ⅱ』より
f0202518_15112182.jpg
思うに、IamがIAmであるところに苦心がみえる。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-07-16 14:59 | 折々に・・・ | Comments(0)