カテゴリ:ひびきあうもの( 51 )
【ひびきあうもの展】Vol.7-10終了しました
5日間の【ひびきあうもの展】たくさんのご来場ありがとうございました。
f0202518_1082894.jpg
川口淳平:花結び籠・紬と組みひもを取り合わせて。100年持つ品物。持ってこられた時には羽で織物を織りあげた鶴のような様子で、こうやってものをつくるんだなあと感じ入りました。紬の色はマリーゴールド。組紐の先は本業の皮巻です。
f0202518_1084918.jpg
森脇靖:用と用を超えたものに向かって伸びあがるかたち
f0202518_109488.jpg
米田由美子:portrait of mind・光の変化に応じて表情が移ろいゆく
f0202518_1091926.jpg

f0202518_10181947.jpg
和装のお客様にもおいでいただき、会場がより雅に。おしゃれなお客様が多く、現場服の日常とは大違い。装いは自分のためだけに非ず。少し自省。高橋さんはじめスタッフの皆様お疲れ様でした。有機体のような「不思議の会」がまた成長しますように。
f0202518_13464448.jpg
王様ホグラン

なお清光院下のギャラリーは展示会・コンサート・集まりなどに利用いただけます。
問合せ:0852-26-1196・mail:trmt-ken@mable.ne.jp 寺本建築都市研究所(有光)
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-11 10:24 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの展】Vol.7-9 梅雨の合間に
f0202518_16364387.jpg
舩木伸児:どのようにこの不思議な魅力が伝えられるのか迷う。中は静けさがあり、外は手触りがあり、動きがある。武骨な階段にて
f0202518_17193279.jpg
舩木伸児:銀ネズの茶碗
f0202518_16374015.jpg
松本裕子:草のオブジェ:こどもの野原遊びから神事のしめ縄まで、様々なシーンが重なり合う。寿ぐとき、偲ぶとき、身の回りの季節の植物で心を籠めて。まだ草の匂いが残る。
f0202518_16432424.jpg


どの作品も、光の当たり方などで、別の表情を見せる。自然の光も入る展示、触れられる展示は、ある意味とても贅沢な鑑賞方法といえる。米田さんの彫刻作品portrait of mindは晴れた午前中に撮影したい。明日最終日晴れますように。
(礼)

f0202518_16451897.jpg
ひびきあうもの展】は明日10日までです。
参加作家:古賀充(造形作品)・佐藤祐子(金工・ジュエリー)・吉川和人(木製品)・竹田道生(陶芸)・舩木伸児(陶芸)・森脇靖(陶芸)・松本裕子(植物のオブジェ)・樋野由紀子(織・染)・岡本英利哉(布仕立て)・岡本美那子(型染め)・米田由美子(彫刻)・川口淳平(皮製品)・藤原将史(木製品)・吾郷直紀(紙のオブジェ)
連絡先:090-8713-0852(DOOR 高橋)

なお清光院下のギャラリーは、展示会・コンサート・集まりなどにお使いいただけます。
お問い合わせ:寺本建築都市研究所:0852-26-1196 有光
[PR]
by trmt-ken | 2015-06-09 16:55 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの展】Vol.7-8 梅雨景色
ひびきあうもの展】ご案内を続けます。
緑集めて、緑のホグラン
f0202518_18171582.jpg

入口は紫陽花
f0202518_18173512.jpg

川口淳平:籐籠・籐のリング・ざっくりした布は柿渋か。解いて結んで手触りの喜び。組紐の先は皮巻
f0202518_18195741.jpg

舩木伸児:茶碗・側面はまた存在感あふれる景色と傾き。
f0202518_18212753.jpg

雨の室内・ヤマボウシの中庭
f0202518_1822623.jpg

日時:6月6日(土)~6月10日(水)11:00~18:00 *10日()までです。
場所:清光院下のギャラリー
参加作家:古賀充(造形作品)・佐藤祐子(金工・ジュエリー)・吉川和人(木製品)・竹田道生(陶芸)・舩木伸児(陶芸)・森脇靖(陶芸)・松本裕子(植物のオブジェ)・樋野由紀子(織・染)・岡本英利哉(布仕立て)・岡本美那子(型染め)・米田由美子(彫刻)・川口淳平(皮製品)・藤原将史(木製品)・吾郷直紀(紙のオブジェ)
連絡先:090-8713-0852(DOOR 高橋)
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-08 18:30 | ひびきあうもの | Comments(0)
続続-不思議の世界へようこそVol.7-7
ひびきあうもの展】たくさんのご来場ありがとうございます。展示のご紹介の続きです。
f0202518_18483178.jpg
舩木伸児:茶碗・抹茶との対比を思い浮かべる。
f0202518_18485248.jpg
舩木伸児:色及び凸凹のある皿・料理人を刺激する
f0202518_11212880.jpg
岡本美那子:ひっそりと花咲く型染め。お見逃しなく。
f0202518_18493754.jpg
吉川和人:ガラスも枠もぎりぎりの繊細さ。息を止めて物を置く。置かれた蓋物も繊細。
f0202518_1852995.jpg
岡本英利哉:樋野由紀子さんの布をバッグに仕立てて
f0202518_18503469.jpg
樋野由紀子:展示の下敷きにもなり、展示全体の基調色ともなっている布いろいろ。
f0202518_18525061.jpg
長崎宏:花結びの師匠のブローチ・肌色に近いため、わずかな色味の違いが大きな効果です。鏡にて確認ください。
6月10日(水)まで清光院下のギャラリーにて。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-07 19:07 | ひびきあうもの | Comments(0)
続【ひびきあうもの展】Vol.7-6ご紹介
f0202518_610525.jpg
米田由美子:Portrait of mind 窪んだ白と膨らんだ白、非対称の配置が気を発する
f0202518_6111574.jpg
竹田道生:スルバランの静物にも潜んでいそうな古典的な香りを持つ陶器。
f0202518_6114991.jpg
森脇靖:清々しい陶器の群れ 川口淳平:丹精こめた籐籠がふさわしい布と紐を得て。棚はENの藤原将史
f0202518_6123394.jpg
藤原将史:木の皿・各々の肌理、肌色をそのままにそぎ落としたかたち
f0202518_6125158.jpg
別室にて松本裕子:植物のオブジェ
f0202518_613415.jpg
大熊健郎氏による配置:柿渋染めの袋など、実用とはまた別の存在感があるものたち。…飛び立つのか、とどまるのか微妙な立ち位置。
日曜日12:00~17:00はTeaRoomにて門脇栄子さんのフランス菓子などお楽しみください。なお、近所の寺本建築都市研究所(寺本宅)の欅の中庭も開放しています。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-07 06:26 | ひびきあうもの | Comments(0)
「ひびきあうもの展」Vol.7-5はじまりました
f0202518_14553489.jpg
古賀充 wire tree:木と根っこと土がつながっている
f0202518_14563267.jpg
古賀充blocks:一枚の紙から切り出された立体
f0202518_14572871.jpg
古賀充sea stone vase:げに恐ろしい細かな仕事。小石を見てこういうことを思いつく不思議。
f0202518_14582169.jpg
吾郷屋No.125浮かした展示は大成功。ところで、なぜ16416円ですか。
f0202518_1459513.jpg
吾郷屋No.123なぜ18792円ですか。知りたいなあ。
f0202518_1511713.jpg
佐藤祐子pendant:展示の下敷きとの調和にも惹かれます。ピカソの女性とペンダントが頭の中で合体していい感じ。自分では無理だろうなあ、無理だよとの声あり。
いつもとはまた違った繊細な仕事が並んでいます。不思議の世界へようこそ。10日(水)まで清光院下のギャラリーにて。
[PR]
by trmt-ken | 2015-06-06 15:13 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの展】Vol.7-4先行ご案内その2
清光院下のギャラリーでは、大掃除・家具搬入・作品搬入と着々準備がすすんでいます。
またまたお邪魔虫登場。展示品の先行ご案内をします。

樋野由紀子:クッション2点/素材:綿、染料:藍・刈安・よもぎ・カテキュー
f0202518_1734543.jpg

先日は東京と名古屋からのお客様と一緒に海辺の十六島の仕事場まで押しかけて大騒ぎでした。私共の年齢になると、最後まで持っていたいものだけを手に入れたい、そのあと譲る先まで考えたりする。その時出た話題・・・植物に話しかけてる・・・。きっと聞き上手になるクッションです。
f0202518_1741679.jpg
樋野由紀子:バッグ・もう服の一部
f0202518_1753335.jpg
中庭のヤマボウシが満開です。紫陽花も色づいてきました。6日土曜日からお待ちしています。
(礼)

日時:6月6日(土)~6月10日(水)11:00~18:00 *10日()までです。
場所:清光院下のギャラリー
参加作家:古賀充(造形作品)・佐藤祐子(金工・ジュエリー)・吉川和人(木製品)・竹田道生(陶芸)・舩木伸児(陶芸)・森脇靖(陶芸)・松本裕子(植物のオブジェ)・樋野由紀子(織・染)・岡本英利哉(布仕立て)・岡本美那子(型染め)・米田由美子(彫刻)・川口淳平(皮製品)・藤原将史(木製品)・吾郷直紀(紙のオブジェ)
連絡先:090-8713-0852(DOOR 高橋)
f0202518_1794910.jpg

[PR]
by trmt-ken | 2015-06-04 17:13 | ひびきあうもの | Comments(0)
【ひびきあうもの展】Vol.7-3一部先行ご紹介
【ひびきあうもの展】一部先行ご案内
ひびきあうもの展に出品する作品を制作渦中の米子のミントチュチュレザー川口淳平商店にお邪魔しました。文字通りお邪魔虫。これから内部の布張りを思案するとのこと。経過報告。今年の出品は皮製品より、籐の花結びが主になる模様です。
f0202518_2082231.jpg
ふっくらした籠の姉妹。
f0202518_2091247.jpg
Lisa LARSONの鳩と並んで。中に含む空気の暖かさ、表面の感じなど相呼応する仲間です。
f0202518_2093835.jpg
猫・今日はLisa LARSONに出会えた幸せ。優しいまるい物たちが、生活のそこここにいる。
それに、なんてかわいい素敵なおばあちゃん。こんなふうに年を取れたらいいな。
(礼)


清光院下のギャラリーにてひびきあうもの展のご案内
f0202518_20251464.jpg

日時:6月6日(土)~6月10日(水)11:00~18:00 *10日()までです。
場所:清光院下のギャラリー
参加作家:古賀充(造形作品)・佐藤祐子(金工・ジュエリー)・吉川和人(木製品)・竹田道生(陶芸)・舩木伸児(陶芸)・森脇靖(陶芸)・松本裕子(植物のオブジェ)・樋野由紀子(織・染)・岡本英利哉(布仕立て)・岡本美那子(型染め)・米田由美子(彫刻)・川口淳平(皮製品)・藤原将史(木製品)・吾郷直紀(紙のオブジェ)
連絡先:090-8713-0852(DOOR 高橋)
[PR]
by trmt-ken | 2015-06-02 20:18 | ひびきあうもの | Comments(0)
ひびきあうもの展Vol.7-2【ご案内】
清光院下のギャラリーにてひびきあうもの展のご案内です。
f0202518_11213368.jpg
f0202518_112244.jpg

日時:6月6日(土)~6月10日(水)11:00~18:00 *10日()までです。
場所:清光院下のギャラリー
参加作家:古賀充(造形作品)・佐藤祐子(金工・ジュエリー)・吉川和人(木製品)・竹田道生(陶芸)・舩木伸児(陶芸)・森脇靖(陶芸)・松本裕子(植物のオブジェ)・樋野由紀子(織・染)・岡本英利哉(布仕立て)・岡本美那子(型染め)・米田由美子(彫刻)・川口淳平(皮製品)・藤原将史(木製品)・吾郷直紀(紙のオブジェ)
連絡先:090-8713-0852(DOOR 高橋)

大熊健郎トークイベント:6月6日(土)18:00より参加費2500円、定員30名
ひびきあうものTeaRoom:6月6日(土)・7日(日)12:00~17:00
皆様のお越しをお待ちしております。
f0202518_11514136.jpg

[PR]
by trmt-ken | 2015-05-27 11:53 | ひびきあうもの | Comments(0)
[ひびきあうもの」展Vol.7【ご案内】
ひびきあうもの」展は6月6日からです。今年は例年より遅く、6月6日(土)より10日(水)まで清光院下のギャラリーで開催します。11:00から18:00。
f0202518_1825183.jpg
作品:米田由美子
f0202518_18253556.jpg
作品:高橋正訓
f0202518_18255438.jpg
いつもは牡丹ですが、今回は紫陽花とヤマボウシの季節となります。
f0202518_18413152.jpg
なお、Mint chu chu Leather 川口淳平商店にて開催中の【生活の中の建物1 家について】の展示会は5月10日まで会期を延長致します。連休中は米子へどうぞお出かけください。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-05-01 18:43 | ひびきあうもの | Comments(0)