カテゴリ:mint( 30 )
原洋一 器展【ご案内】
原洋一 器展が、安来市のつーぼ、米子のミントチュチュレザーさんの2か所で同時開催されます。
f0202518_17561499.jpg

原洋一 器展
・子供の本 つ~ぼ(島根県安来市合銀前)2017年11月22日~12月2日
・ミントチュチュレザー(鳥取県米子市)2017年11月23日~12月5日(水曜日お休み)
f0202518_18050264.jpg
焼き締めの花器
つーぼさん、ミントさん、どちらのお店も改修にかかわりました。つーぼさんの現場では寺本も珍しく働きました。後で誰かが仕上げをしたという説もありますが、聞こえないことにして。
鉄の積み出し港として繁栄した安来港にかけて、風情のある町屋・民家が多く残り、調査・活用されるのを待っているようです。
なお、つーぼさんの様子は、22日(水)しまねっとNEWS610で18時10分~19時の間に放送予定です。(緊急にニュースが入った場合は、中止になります)
f0202518_07465263.jpg
柿渋塗り進行中のつーぼさん
f0202518_07492429.jpg

【ミントチュチュレザーの午後】

緑を呼吸する2017.0604

酉の行進017.0107


2017.0105

あたたかな鉄-河原崎貴・中村摂子展-2016.1216

指先という目-長崎家の仕事展-2016.1214

家を継ぐ・仕事を継ぐ覚悟-松江藩籐細工長崎家 歴史展-2016.1213

午後の仕事場2016.1113

MintChuChuさんにて展示会開催中2016.1111


2016.1106

猫軍団右往左往2016.1030

展示会という共同作業2016.1022

生活の中の建物2-2016.1020

スタッフの家つくり2016.0925

ねこばすコバタロウの肝試し2016.0501

川口淳平鞄展2016.0216

川口淳平さんの籠2015.1228


2015.0706

【原洋一-おいしく飲める器】展2015.0625

生活の中の建物1-2015.0420

シマの中の猫2013.1014

春待猫2013.0214


2011.0624




[PR]
by trmt-ken | 2017-11-19 07:37 | mint | Comments(0)
緑を呼吸する
f0202518_19201421.jpg

米子のミントさんでは行くたびに模様替え。青磁の器が緑の空気を呼吸する。(器:原洋一)
緑と青磁の会話、反映とかすかな透過。器にも居心地のよしあしがあって。
f0202518_19201820.jpg
逆光の中の籠。(籠:長崎誠) 金網と籐の網目。透過とかすかな反映。
f0202518_19202133.jpg

小鳥とピッチャー。ふと、飼育員の長靴に懸想するペンギンを想う。 関係のなかったものに関係が生じるとき。私は誰?(哲学する鳥)

Mint Chu Chu Leather 川口淳平商店の午後



[PR]
by trmt-ken | 2017-06-04 19:21 | mint | Comments(0)
酉の行進

今年は酉であるぞ…ミントで見つけた鳥の行進
f0202518_21423457.jpg
陶器のにわとり夫婦

f0202518_21424299.jpg

f0202518_18082301.jpg
木に止まる木目の鳥


f0202518_18081721.jpg
青い鳩の花瓶

ミントに住まう鳥はいろいろで、みなふっくらとしてあたたかい。
猫と同居しても怖がらない。
f0202518_18083036.jpg
ウィンクするフクロウ

f0202518_18083627.jpg

鳩と籠(川口淳平:花結び)

[PR]
by trmt-ken | 2017-01-07 21:50 | mint | Comments(0)
枯草華やぐ
春を待つささやかな赤。
f0202518_20591683.jpg

しずかに冬のセッション。「庭の林の森の」小林さんによる花、原洋一の花瓶、ミントチュチュにて。
今一番の関心事・・・どのように空白を確保しようか。
(礼)

【ミントチュチュレザーの午後のひととき-集成】

あたたかな鉄-河原崎貴・中村摂子展-2016.1216


-長崎家の仕事展-2016.1214

家を継ぐ・仕事を継ぐ覚悟-松江藩籐細工長崎家 歴史展-2016.1213

午後の仕事場2016.1113

MintChuChuさんにて展示会開催中2016.1111


-原洋一展によせて-2016.1106

猫軍団右往左往2016.1030

展示会という共同作業2016.1022

生活の中の建物2-2016.1020

スタッフの家つくり2016.0925

花を活ける器展-原洋一-2016.0701

ねこばすコバタロウの肝試し2016.0501

川口淳平鞄展2016.0216


2015.1228

生活の中の建物1-2015.0420

シマの中の猫2013.1014


2013.0214


2011.0624



[PR]
by trmt-ken | 2017-01-05 12:06 | mint | Comments(0)
あたたかな鉄
米子のMintChuChuさんは精力的に展示会を開いておられます。ひびきあうもの展とほぼ同時開催であった、鉄と織の展示会。会期は終了しましたが、年内は品物が保管してあるそうです。シンプルで暖かい鉄の仕事です。
f0202518_22595785.jpg
手仕事というと、妙に変わった形になってしまうことが実は多い。素朴で、何にもしてないようで、確かな・・・ほっとするあたたかさです。
f0202518_23004562.jpg
長野で鉄の仕事と織の仕事をされている、河原崎貴さんと中村摂子さんの展示会より
f0202518_23001401.jpg
中村摂子さんの織物は、川口さんの籠にも使用されています。さっくりとして、籠のテクスチュアとひびきあっています。籐より一息繊細な次元を加えて。
同じことは建築でも。建具に入った無目など壁とガラスを橋渡しする中間の要素があると、がぜん全体が歌いだすことがある。外と中の中間のゾーン・中庭や庇の役割。建築と町並みをつなぐ路地。絵画でも、ある色が下塗りにあると色が生き生きする。相互をどのようにひびきあわせるか。
f0202518_15361150.jpg
そういえば、「ひびきあうもの」とはいいタイトルだなあ。単独を足した以上の世界がある。
・・・考えはあぶくに似て留まることなく、消えたりくっついたり。
(礼)
長いこと『更新中』であったホームページを更新しました。

[PR]
by trmt-ken | 2016-12-16 17:16 | mint | Comments(0)
指先という目-長崎家の仕事展-続-
もう一つの目がある。指先で見る世界。
f0202518_09273727.jpg
肌合い、せりあがっていく形、細部の編み目の変化、布や紐との取り合わせなど、触覚と視覚が連動する。指先で考える。
f0202518_09274422.jpg
f0202518_09275442.jpg
f0202518_09281330.jpg
川口さんの籠を見て動物のようだ、猫だと思った。今回の展示は祖先を見る思い。
f0202518_09325395.jpg

吾輩
撫でて…ふんにゃ、なでれ!と言っている。これから猫の名前を収集する仕事が増えた。それも賢い猫でなくては。いそがしい、いそがしい。

松江藩籐細工長崎家 歴史展
ミント・チュチュ・レザー川口淳平商店において20日まで開催中。
(catてに忙しがっている猫の友)

[PR]
by trmt-ken | 2016-12-14 18:58 | mint | Comments(0)
松江藩籐細工長崎家 歴史展
長崎家に伝わる歴史:籐細工【ご案内】
ミント・チュチュ・レザー川口淳平商店において20日まで開催中。
川口さんの仕事はすごいなと思っていた。川口さんの師匠である6代目長崎誠さんの作品、先代、先々代とさらにさかのぼっての仕事を展示中。
f0202518_19530470.jpg
6代目長崎誠
f0202518_19531213.jpg
5代目藤吉
f0202518_19531856.jpg

2代目福太郎

繊細な仕事、綿密な仕事、独創的な仕事、和やかな仕事…人柄がにじむ物たち。布や紐や漆やとの共同作業への発展、様々な感慨を持つ展示会です。こうした仕事が十分に報われるのか、若い人に託せるのかと自問します。写真には写しきれなかったすごい作品もあります。ため息がでるような綿密な仕事。性能のいいカメラ持参でどうぞ。20日まで。

[PR]
by trmt-ken | 2016-12-13 20:02 | mint | Comments(0)
午後の仕事場-MintChuChuLeather 川口商店にて-
革工芸の仕事場は、静かに時が過ぎる。いつまでも居たい午後のひと時。
f0202518_20155055.jpg
日差しを浴びて猫がふふんと。
f0202518_20162661.jpg
周りに集う動物たちは鼻歌まじり、店主は寸暇を惜しんで仕事に精を出す。
f0202518_20163314.jpg
川口商店にて
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-13 20:22 | mint | Comments(0)
Mint Chu Chu Leatherにて 展示会開催中【ご案内】
川口商店にて開催中の展示会は11月15日(火)までです。
f0202518_12441078.jpg
今回展示中の住宅は、スタッフの計画中の家2軒と現在進行中の住宅1軒。いずれも子育て中の若い世代であること、近くに親世代の住宅があることが共通します。もちろん、設計事務所というのは貧乏で、スタッフが大金持ちなわけはありません。そして、二人とも子育て真っ最中の女性で、おまかせではなく、いろいろ説得や調整をせねばならないご主人がおられる。そういう状況の中で、一番大切にしたいことはなにか、言い訳無用で、いい家にしたい。
f0202518_12444603.jpg
これから家を建てようという若い方にとって、参考になるに違いない「本音の家つくり」です。
f0202518_12444013.jpg
日時:2016.10.20日〈木〉~11.15日(火)
会場:MintChuChu Leather 川口淳平商店:米子市上福原町

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-11 12:47 | mint | Comments(0)
お帰りなさい私の頭-原洋一の器-
f0202518_19591085.jpg

原洋一さんのポットを手に入れたのは松江にきてまもなく、もう30年も前のことになる。愛用していたが、蓋を壊してしまった。それから20年ほどたち、昨年原洋一展におそるおそる持参した。

そうして今日、新たな蓋ができてきた。こんにちは、お帰りなさい30年若い私の頭さん。なんだか自分の足に呼びかけるアリスのようで。原さん、川口さん、不思議なご縁をありがとう。
f0202518_19594386.jpg
f0202518_19585831.jpg

11月 3日(水)~11月15日(火)アントワークスギャラリー(大社町)にて原洋一展開催中
11月 15日(火)~11月27日(日)ハッチ家具店(倉吉市)

なお、11月16日(火)まで、引き続き米子MintChuChuにて「生活の中の建物2」-寺本建築都市研究所-展示中
(礼)
【原洋一展】によせて-手仕事の深さ-2015.0706
【原洋一】-おいしく飲める器-2015.0625

[PR]
by trmt-ken | 2016-11-06 20:23 | mint | Comments(0)