一枚の布から
f0202518_15150232.jpg
衣服の断捨離のとっかかり。
まずは、途中で止まっている未完成品をとにかく着れるようにする。これが思いがけず大成功(自称)。マント型の一枚の布。サイズフリー、和洋両用。フードがついているだけで、切れ目・縫い目がない。ボタンなどの留め具もまだなし。着ながら考えよう。
f0202518_15145705.jpg
次に、虫食いがあって(長期間放ってあって)あきらめていた服を再生する。これがまたまた大成功!(接着剤と糸くずによる補修)
ひと様に売るわけでなく自分が良ければいいわけで、ハードルがかなり低い。どこぞのお寺の隠し部屋のように、隠すどころか補修を自慢したりして。新しさの価値でなく、「手間暇の価値」全開。

肘の抜けたセーターのツギハギだとか、まともな普通の服がほとんどないけど、サイズフリー・和洋フリー・男女フリーが信条。くまさんの服の部品もそこここに出没。布遊び、台風に挟まれた束の間の秋日和。
(礼)

【着物つれづれ】
2017.1012 きものを譲られるとき
2017.0921 糸とボタンの日々
2017.0211 黒が好き
2017.0110 男仕立てのシャツ
2016.1212 恐怖の3度褒め
2015.1222  Daja さんの本
2015.1107 
2015.1104 
2015.0509 平成27年度版中古品整理判断基準
2015.0429 よみがえる服・着続ける服
2012.0624 紫陽花色のドレス


[PR]
by trmt-ken | 2017-10-27 15:18 | 着物つれづれ | Comments(0)
<< アイルランド伝統音楽クリスマス... 清光院下のギャラリーのご利用について >>