子供の定義-「つーぼ」さんにて-
「子供」ってだれだろう。

かっての子供、いつまでも子供の心を持つ人、どこかに子供のかけらを残していとおしく思う人、子供や孫にかすかな投影を見つけている人、さまざまなありかたで、しかし「子供でないときも通過した人」のための本屋さん。「つーぼ」にて。

子供本人は気づいていない幸せを見ている。
f0202518_22433078.jpg
松本僕-消火器-いかにもありそうな場所に置かれなくてはならない。
f0202518_06234313.jpg

永遠の少年・少女がそこここに潜んで。
私なりの子供の定義試案1「お金はない、時間と驚きがある」(礼)

子供の本の店「つーぼ」さんについて
2017.0924 子供の定義
2017.0406 展示の共振「つーぼ」さんにて
2017.0313 「つーぼ」に春がきた
2017.0312 子供の本の店「つーぼ」開店します
2017.0209
2016.1115 明治20年代壁の下張り-現場にて

[PR]
by trmt-ken | 2017-09-24 17:35 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 月曜日は朝からうるっと 宮脇綾子の 曼殊沙華 >>