宮脇綾子の 曼殊沙華
昨年・一昨年は名古屋近郊・阿久比の土手にて彼岸花を堪能した。
布作家・宮脇綾子さんも見られただろうか曼殊沙華-「布切れの芸術」朝日新聞社より-
f0202518_20271194.jpg


宮脇綾子の世界に触れたくて、以前豊田美術館特別展を訪ねたことがあります。デザインの切れ味鋭く、それもほとんどごみ同然の材料が魔法にかけられて再び命を得ています。家事の合間にこのような仕事をされては、子供(建築家宮脇檀)はさぞかし大変であったろう。衷心より同情申し上げます。
f0202518_17560342.jpg
コーヒーフィルターからできたイカ。コーヒーの染みがなんとも。-「布切れの芸術」朝日新聞社より-

f0202518_17555801.jpg
何も捨てるものはないと高らかに宣言する、めざし。(ストーブの芯よりー同上)

f0202518_17555287.jpg
タコ(同上)
底に流れるユーモアをめでながらも、マネをしたら大変なことになると自戒。捨てられない病が背後霊のように迫ってくる。(礼)

2015.0922曼殊沙華の咲くころに


[PR]
by trmt-ken | 2017-09-23 16:21 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 子供の定義-「つーぼ」さんにて- 存在としての色 >>