恒河沙-ガンジス河の砂-
お寺の現場はもう庭師さんの世界。沙羅の木、ヤマボウシ、エゴ、ハナミズキ、シャリンバイ、ドウダンツツジ…と花の名前をつぶやきながら帰途に付きました。
f0202518_17584515.jpg
沙羅の木は森鴎外もことに愛した木。津和野の鴎外記念館では入り口から庭木に名札がついていて、花の名前をたどっていくと切ない気持ちになります。季節が言葉になって転がっていく。
f0202518_17590206.jpg
入り組んだ屋根を整理したところ庭園及び中庭がいろいろでき、奥様はそれぞれに名前を付けておられた。昔からの庭は一の庭、那由他の庭など。那由他ってどう書くのかなと検索したら、恒河沙という数もあり、懐かしい思いがあふれました。というのも、金剛般若経を写経したときに、何度も何度も、音楽のように「ガンジス河の砂の数より多く」という言葉が出てきて、「恒河沙」と書いたのです。その繰り返しはひたひたと波のように寄せては返し、書きながら全身で感動していました。【岩波文庫版般若心経・金剛般若経より】

庭石の周辺には御影の砂が敷き詰められ、流紋を描きます。それも奥様の日々の仕事となります。
f0202518_17594127.jpg
奥様手作りの照明の試験点灯:置かれる場所に生じる明かりの紋様。
f0202518_17592133.jpg
彼岸には文化財の行事「虫供養」が行われます。様々な行事を縫って、工事は大詰めです。(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2017-09-20 10:38 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 糸とボタンの日々 台風一過 >>