特別な部屋
我が家には1つ、来客が不思議と同じ反応をする部屋がある。中庭に面した土間の小部屋。かっては書斎と言っていたが、今は限りなく倉庫。
f0202518_17422819.jpg
中庭
「いつか夫婦喧嘩したら、泊めてね。」どうぞどうぞ。お待ちしてます。
理由を考える。
その1.トイレと玄関に近く、我が家の私生活に気兼ねなく過ごせる。
その2.質素で、隠遁生活に向いている。
その3.外には全く窓がない。
その4.不穏な夫婦関係に理解がある。(いいかえれば関心がない)
f0202518_17420130.jpg
天窓(夏の暑さの救世主)
f0202518_17420925.jpg

丸窓(唯一の外に開いた窓)
竣工後、世帯調査と称してお巡りさんが来られて、えらく長時間世間話をしていった。根ほり葉ほり「ほりほり」と。松江のお巡りさんが暇なのではなく、思うに悪い人をかくまったり、何かの巣窟になりそうだと疑われたに相違ない。

ご近所さんと話ししていて、あのブロックの家の住人とわかると、一瞬の間がある。その後、「…思ったより普通の方ですね。」最近はその反応を楽しむ余裕ができた。でも普通なのは私だからで、くまさんだったらどうだかはわからない。が、そこを厳しく追求しないのが松江流。何より、斜め後ろが火事になったときには、皆さん、我が家が食い止めてくれるという期待感がひしひしと伝わってきた。

しかし、毎年ケヤキの葉っぱをまき散らし、迷惑千万なご近所さんではあるだろう。ここまで成長するとは予想外であった。・・・ところで、そろそろ倉庫を書斎に格上げせねば。世の中のご夫婦の安全弁としても。
f0202518_17420578.jpg
浴室窓(ステンドグラスは友人の手作り)
昨日は堀江一夫さんご案内のマチブラ手帖(マーブル)の放送がありました。自宅でなくギャラリーの方のご案内ですが、月照寺からの道を「清光院下(外中原だったかな?)ケヤキ通り」と命名されていたのには大賛成。角には立派なヤマボウシもあり、自然な曲がり道が大好きです。(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2017-08-08 17:50 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 鈴虫が鳴いている 猛暑到来 >>