指先という目-長崎家の仕事展-続-
もう一つの目がある。指先で見る世界。
f0202518_09273727.jpg
肌合い、せりあがっていく形、細部の編み目の変化、布や紐との取り合わせなど、触覚と視覚が連動する。指先で考える。
f0202518_09274422.jpg
f0202518_09275442.jpg
f0202518_09281330.jpg
川口さんの籠を見て動物のようだ、猫だと思った。今回の展示は祖先を見る思い。
f0202518_09325395.jpg

吾輩
撫でて…ふんにゃ、なでれ!と言っている。これから猫の名前を収集する仕事が増えた。それも賢い猫でなくては。いそがしい、いそがしい。

松江藩籐細工長崎家 歴史展
ミント・チュチュ・レザー川口淳平商店において20日まで開催中。
(catてに忙しがっている猫の友)

[PR]
by trmt-ken | 2016-12-14 18:58 | mint | Comments(0)
<< あたたかな鉄 松江藩籐細工長崎家 歴史展 >>