恐怖の3度褒め
昔から気になるとそれを見続ける習性がある。母は心配していた。のち警戒していた。

ある時、母の着ている着物をいいね、と褒めた。1度目は喜び、2度目は?となり、3度めにはあきらめてその場で着替えて私にくれた。ウールの普段着であったけれど。別に欲しいといったわけではない。褒めただけ。
f0202518_20543714.jpg

洋服に作り替えて40年。ここまでくると簡単には処分できない。樋野由紀子さんのショールを合わせてまだ着続ける。

愛用している万年筆は、同様に父から分捕った太めのモンブラン。父は黙ってもう少し細めのものを自分用に新調した。寡黙な家族の中で、ある種の会話であったと今は思う。森のくまさんがときどき貸してくれというけれど、ひどく渋い顔をして、返ってくるまでじっと見ている。
f0202518_20544555.jpg

父から分捕って50年。ゆうゆう現役の万年筆。
(礼)
長いこと『更新中』であったホームページを更新しました。
[PR]
by trmt-ken | 2016-12-12 21:14 | 着物つれづれ | Comments(0)
<< 松江藩籐細工長崎家 歴史展 まめの勲章、粗忽の勲章 >>