「よいしょ」に励まされて

『どっこいしょ』の語源は『六根清浄』か、との説が中央新報のコラムにあった。

思えば、我が子の発した最初の言葉はママではなく、もちろんパパでもなく、「よいしょ」である。

f0202518_09505376.jpg

眠ってばかりいる嬰児のころから外気を好み、どんなにむずかっていても外に出ると機嫌が直った。背負える頃になって外に出ると、どこぞより、よいしょ、よいしょの掛け声がする。

親を励まし、意のままに操る第一歩。恐るべし。しかしそれが仏道に繋がるならば・・・かたじけなしと考えよう。(礼)



[PR]
by trmt-ken | 2016-09-14 20:39 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 『朔夜の庭 JAZZライブ』 L’Ecole de Chai... >>