何事もない日に

何事も起きない小説がある。『夕べの雲』庄野潤三。仕掛けや、趣向や何か変わったことがなければ小説は成り立たないか。

f0202518_20292945.jpg

清冽な静けさに満ちた時空がある。何もないところに光が差し、時が移ろう。事件や主張がいろいろあると見えなくなる『余白』の力を、信じたい。光の動き・風・時の移ろいを感じるための手がかりをつくる・・・それが私の仕事。

f0202518_20300834.jpg

(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2016-08-18 08:56 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 今日は夏休み ああ冷たい >>