里山から春のたより-庭の林の森の-【ご案内】
椿と花器展の案内が届きました。南部町の里山の「庭の林の森の」にて。3月11日から。
f0202518_19193485.jpg

近年、ものを求める欲求が失せてしまっていた。店の人にマニュアル通りの応対をされたりすると、匂いも質量も蒸発してしまうように感じて。「庭の林の森の」は、そうした買い物と対極にあるお店。むしろ地味な花や木が、慈しまれ、キースジャレットの音楽を聴きながら人と土とともに土蔵で憩う。何か再生の芽をはぐくんでいるようで。動物に近かった幼い日に戻って鼻をくんくんしてみたくなる。土の匂い。風の匂い。春の匂い。
f0202518_9175050.jpg

なお、4月3日には「野の桜 お花見の会」の予定。
f0202518_9181444.jpg
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2016-03-03 19:22 | 折々に・・・ | Comments(2)
Commented by にわのはやしのもりの at 2016-03-04 14:28 x
ご紹介、ありがとうございます。
とてもうれしく拝読しました。
がんばります…!
Commented by trmt-ken at 2016-03-04 21:51
本物の土壁はほんとにいいですね。壁が呼吸し、置かれたものが生きている感じがします。きっぷのよい左官さんによろしく。別の現場でも腕をふるってもらいたいです。礼子
<< 『ある家族の会話』―ナタリア・... あ、また見覚えのある坂道が >>