嵐のあとで
f0202518_20543474.jpg

吹付ける風と、何やら雨だけでないものが屋根を打つ音を眠りながら聞いていた。他に寝る場所がないわけではないが、壁に守られた家の屋根裏に、毎晩梯子を登って自然の音を聞きながら眠る。あらしの後は、頑張って残っていた最後の葉っぱが落ちた。欅の落葉はいい香りがする。
いい香りの落葉からできた灰と、コーヒー滓を漉き込んだ土は、かき混ぜていてもおいしそうに見える。植物に近寄りすぎかな。バラの花やアイビーはいいけど、ミミズはちょっといやだな。休日の土いじりは至福の時間。そんな時は必ず鳥がやってくる。ヒヨドリ、ヤマガラ、エナガ…。今年は巣をかけるだろうか。
f0202518_2055127.jpg

f0202518_17421111.jpg
小鳥のお土産が年々ふえる。なぜかちょうど良い場所に。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2015-12-06 20:58 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 『雪国の木造寄宿舎』-島根景観... 清光院下のギャラリーにて『ブラ... >>