20年目の住み心地―水回りいろいろ
f0202518_13284737.jpg
コンクリートブロックの家に住み始めて20年を経過した。子育て中はキッチンにいる時間が長かった。今は浴室にいる時間が長い。
f0202518_13292511.jpg
入浴・洗濯・染物・植物の世話などなど。湯沸しを持ち込んでお茶を飲んだりまでする。水と湯のある部屋。

f0202518_13295095.jpg
バリアフリーの浴室の例。洗面便所とワンルーム

キッチンも、水と湯と火のある仕事場として考えてみる。我が家ではアイビーも栽培している。
f0202518_13301978.jpg
対面背面のダブルキッチン。来客の多いご家庭で。通り抜けられる配置とし、奥に家事コーナー。
f0202518_13303921.jpg
家具の延長のように。火と水を分けた対面配置。古民家部分の居間からの続きの食堂。家具は柳原敏彦さんの家具アトリエ製作。

我が家では、主人が最近好んで台所に立つ。味はさておき、毎日のごはんの心配がないのがありがたい。ただ、おおい、夕飯ができたぞ!と大声でよばわるのはやめてほしい。何となく、ご近所に見栄もあるし。あの家は外観だけでなく、相当変わっているとは思われているに違いないが。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2015-03-08 13:40 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 【町家再生】-工事が始まりました Mint chu chu Le... >>