コンクリートブロックの質感【素材-1】
ハーベストビルは3階建て鉄骨造のテナントビルです。
f0202518_17151844.jpg
私共設計事務所のほかに、出版・デザイン・企画・アート・シンクタンクなど、意気軒昂でデザインにはうるさい、しかし裕福とは決して言えない面々がテナントの、難しくも面白い建物でした。まったく遊びは許されない予算で、立体長屋という風情。天井は構造現し、内部仕切りはコンクリートブロック積としました。

住んでわかったこと。2階の住人がヘビースモーカーで、鉄骨や外壁廻りのクロス仕上げはヤニですぐに茶色く変色しましたが、コンクリートブロック壁は何ともなく、タフさにびっくり。安価で、頼りがいのある素材だと思いました。
f0202518_17165577.jpg

ハーベストビルの核から芽吹いた一つが補強コンクリートブロック造の自邸とDoor BookStore、もう一つが、平田図書館の光の採り入れ方です。(別の機会に)
f0202518_17173130.jpg
長く住んでわかったこと。CB2重壁造はRC 造に比べ建設費用はあまり変わらない(少し安価な程度)が、税金はかなり安い。分類として粗末な小屋の扱いだからかと思います。
f0202518_17181178.jpg
中庭床も壁も同素材。建具は2重壁の間に引き込まれます。
f0202518_17185011.jpg
駐車場床:小端立てで、雑草と仲良く。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2015-01-21 17:29 | 建築 | Comments(0)
<< 【雪国の寄宿舎:木架構-3】 【ご案内】トウヤマタケオ「飛ば... >>