DOOR bookstoreに集うものたち

松江市上乃木のDOOR bookstoreにはいつもなにか暖かい時間が流れている。

f0202518_20521595.jpg
川口 淳平:かご
長崎誠氏より長崎家一子相伝とされる花結びの籠編を学ばれた。四角の底から楕円になる精密な手仕事。中も外も滑らかな玉状。


f0202518_20532363.jpg
高橋 正訓:オブジェのための模型-曲線の計算式メモが残る
こうした精妙なかたちを撮ろうとすると、フラッシュは不向きで、三脚がほしいなと思う。米田由美子さんのオブジェも写真では難しく、吾郷屋さんの2cm角の作品はお手上げ。ピンボケでした。


f0202518_2053382.jpg
松本 僕:スケッチブックというごろんとした木の塊-開かない
吾郷屋さん同様「用途がない」ものたちの発散する、かなしいようなおかしいような、なんだか自分のような自己主張。


そんなあてのない「もの」や「人」が集う場所がDOOR bookstoreというスペースのような。

(礼)


[PR]
by trmt-ken | 2014-11-28 18:30 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 建築とクライアントの間にあるものは 冬のお客様到来 >>