窓の内と外―スペイン便り その2
f0202518_3225451.jpg
ヘネラリーフェ望楼よりアルバイシン地区を望む。
糸杉と白い街路の街並み。

f0202518_3231429.jpg
ナスル朝王宮より見る。
アルバイシン地区・窓の透かし模様と壁の装飾の中に広がる街並み。

f0202518_3233152.jpg
コマレス宮の窓・格子と光の透かし模様・タイルの反映。

f0202518_3235331.jpg
姉妹の間より、リンダラハの中庭を見る。
装飾の効果で壁は軽やかに浮遊感がある。

f0202518_324178.jpg
ライオンの中庭を見る。
柱間が透け、アーチがレース状に透けている。
外観は重量感がある城砦で内部に入ると一転して精緻な軽やかさが展開する。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2014-10-23 17:20 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< イスラム・キリスト・ユダヤ教の... 中庭―石と水と緑が出会うところ... >>