山間の町で
山間の町で、木造寄宿舎の工事が始まりました。
f0202518_1510070.jpg
食堂内部
半端でない雪の重さに耐えるため、木の架構はがっしりして迫力があります。構造は五箇小学校木造校舎耐震改修に引き続き、ラム技研の藤田さん担当。五箇小では、隠れていた構造を顕しにしましたが、今回は初めから構造を主役としています。寄宿舎内部では男女が厳密に区画され、食堂は唯一の共有スペースとなります。外部には雁木デッキが張り出しています。一年後に竣工予定。
f0202518_13335990.jpg
木架構模型
木造の架構検討は、ソフトの使い方を伝授してくださるというので、藤田さんの個人指導を受けましたが、冷や汗および脂汗の1時間でありました。構造技術者と意匠設計者の脳みその動き加減の差を思い知らされたレッスンでありました。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2013-11-18 13:38 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 北山山麓の住まい 隠岐の島便り-木材生産の現場より >>