宍道湖の夕陽を望むメモリアルパーク構想
松江市の宍道湖を望む湖畔公園(白潟公園)沿いに、「宍道湖・メモリアルパーク構想」を勝手に作ってみました。湖畔の市立病院跡地は、長い間空地のままとなっています。暫定的に駐車場やゲートボール場として使用されていますが、とてももったいないことと思っていました。
f0202518_1721021.jpg

f0202518_17283582.jpg

昨年秋、松江市中心市街地活性化協議会にワーキング組織が出来、越野・伊丹・寺本が参加しています。「近隣集客拠点」というグループでの市立病院跡地構想班の活動です。小汀泰久さんを班長として、島根大学建築学専攻の学生など数人の協働作業で造りました。
今後数日をかけて紹介いたしますが、ネットで「仏壇の原田」で検索すると、小汀さんのブログに3回登場しています。お急ぎの方は、そちらをご覧ください。(和)
[PR]
by trmt-ken | 2013-04-13 17:28 | 現代建築の現在 | Comments(0)
<< 松江新大橋商店街 (仮称)松江の都市計画を考える... >>