新年初笑い
気分が落ち込んだらこれを読む。ただし人前では読まぬこと、とある方面から転送された福井県立図書館の「覚え違いタイトル集」
ウサギの出来そこないが2匹でてくる絵本…ぐりとぐら
生姜(しょうが)みたいな名前の人…姜尚中
田んぼの中にタガメが居る…誰がために鐘は鳴る
しばらく横隔膜がけいれんしていました。
さらに読みたい方は福井県立図書館のウェブサイトをどうぞ。今年も元気に笑える年でありますように。

「誰がために…」は、英文学徒であった母が、本邦初訳を目指していたが遅れをとったと、残念がっていた本です。亡き母も墓の下でけいれんしているでありましょう。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2013-01-15 22:32 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 隠岐古典相撲 今年も夏みかんの豊作です >>