時化の海を渡る
14日、高速船レインボーがすべて欠航したしけの日、隠岐に渡る。
七類を出てすぐに、無重力かと思う一瞬あり、荷物と一緒に転がりそうになる一瞬あり。久々の大揺れでした。やり過ごすコツはとにかく起きないこと。目をつぶって、私は揺りかごの中とおまじないをする。

あるとき、そうやってごろごろ転がっている人のなかに、背筋を伸ばし、航海中海をじっと見ている老人がいた。海の男なのだろう。又あるときは料理のこつをたずねられて、くしゃくしゃの笑顔で伝授するおばあさんがいた。顔がもう風景のような。みんな島の宝。いつかあんな、じゃがいもを丸めたような笑顔になりたいものだ。
f0202518_16173050.jpg
ところで、林田摂子さんの写真集「島について」ではナメクジが立派に被写体をつとめていた。僕ではどうかしらんと緑のかまきり。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2012-11-15 21:50 | 隠岐の島たより | Comments(0)
<< 影との対話 森脇靖さんの器 >>