天に開いた空間 ―ノートルダム・デュ・ピュイの中庭について

ノートルダム・ドュ・ピュイのカテドラルの中庭は、登って昇って、少し降りて、又昇った先にあります。山の上のカテドラルの貴重なスペースに、天に開いた静かな空間が抱えられています。

f0202518_0134124.jpg

カテドラルの中ほどから階段で昇っていくと、このグリルを通って中庭に出ます。中世の、手打ちの鉄のグリル。
f0202518_0135460.jpg

回廊には様々な時代と様式の柱頭が見られます。初期中世の柱頭は鳩に囲まれたシャルルマニュ。
f0202518_0141139.jpg

別のところには、ケンタウロス。
f0202518_0142629.jpg

ノートルダム・ドュ・ピュイは様々な時代と文化が融合していて、限りなく魅力的です。

釣り人の泊まる安宿に逗留し、回廊のあちらこちらをスケッチして何日も過ごしました。ガイドのおじさんに「もうみんな覚えただろうからガイドを代わってくれよ」とからかわれました。
(礼)

[PR]
by trmt-ken | 2011-03-05 00:20 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 石が浮遊するとき ―La Sa... 米子の善五郎蔵 >>