隠岐の古民家と神楽

連日の猛暑の中、隠岐の島町にある古民家の下調査合宿をしました。
国の重要文化財に指定されている佐々木家は既に修復され見学ができるようになっています。

f0202518_10572933.jpg
f0202518_10571262.jpg

近くの大久(おおく)には佐々木家に規模形式など良く似た民家があり、その他にも江戸期の民家が群として残っています。

同じ隠岐の島町にある加茂地区の神尾(かんび)は孤立した隠れ里のような集落です。集落全体で4〜5軒、皆さん同じ名字のようです。そのうちの1軒は江戸期のもののようです。石積みの防波堤・小さな祠・舟引き小屋・守り神のような大木・土蔵など、敷地全体とても魅力的でした。

f0202518_10583726.jpg

合間には島の最北に位置する西村の神楽にでかけました。風の強い晩で、演目の幕も、舞台後ろの幕も吹き上げられていました。夜を徹して舞われ、朝方に最高潮になります。

f0202518_110414.jpg


[PR]
by trmt-ken | 2010-09-05 17:50 | 隠岐の島たより | Comments(0)
<< 【現場より】五箇小学校の木架構 【ご案内】第7回建築カフェ(8... >>