夏の日差しのなかで
夏の盛りに、ブルゴーニュ地方のパレルモニアルを訪ねた時を思い出しています。
f0202518_23474116.jpg

汽車を降りると遠くにオークルの石の塊が見えます。門を入ると、夏の日差しから一転して広がるしんとした人工の杜。目がなれるにつれ、積み上げられた石のざわめきが聞こえてきます。地方の小さな町で昼下がりは開いている店もなく、いつも教会堂でスケッチして過ごしました。動くことを忘れたような時間。(礼)
[PR]
by trmt-ken | 2009-07-23 23:55 | 折々に・・・ | Comments(0)
<< 【ご案内】水のみやこ松江と広島... 初夏の朝 >>